2017-03-13 23:37 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ショコラ文庫
◆小塚佳哉&サマミヤアカザ
『裏切者』ペーパー付き(2017年3月発売)

ー私の評価ー
好み度/★☆☆☆☆
エロ度/★★★★☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
平凡な大学生の七海(ななみ)は、就寝中、他人の気配を感じて目を覚ますと薄暗い部屋の中に、いるはずのない長身の男が立っていることに気づく。抵抗する余裕もなく七海たち一家はひと家のない見知らぬ別荘に連れ去られてしまう。一人目を覚ました七海に主犯格のその男はリムと名乗り、七海の父の研究データが目的だったが、顔を見られてしまったからにはタダでは返せない、家族共々助かりたかったらオレを楽しませろと脅してきて……。
◇◇◇◇◇

小塚佳哉さんのどんだけぶりの新刊なんだろう。久々だな!
小塚佳哉さんの作品では『熱砂の王』シリーズ関連と今は亡きラキアN『3nights4days』が私は大好きだけど他は微妙なんだよなぁ。


2017-03-07 15:49 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆キャラ文庫
◆櫛野ゆい&穂波ゆきね
『伯爵と革命のカナリア』コミコミ特典カード付き(2017年2月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★☆☆☆
挿絵好み度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
美しい白い翼に、天使の歌声をもつ有翼人種――通称カナリア。愛玩品として見せ物小屋で歌うことを強いられていたノワールは心も声も枯れ果てていた。「そのカナリアは、私が言い値で買おう」そんなノワールを冷たい声で買ったのは美貌の貴族の男・シルヴェストル。不機嫌そうな新しい主人に、ノワールは怯えるばかりで…!?王政への不満が募る革命前夜、身分差の愛に、激しい嵐が吹き荒れる!!
◇◇◇◇◇

買おうか悩んだのだけど、あらすじが気になったので予約購入した。


2017-02-06 23:58 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆小中大豆(コナカダイズ)&のあ子
『S社長と愛されすぎな花彼氏』コミコミ特典小冊子付き(2017年1月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆
挿絵好み度/★★☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
都内のフラワーショップで働く勇児は一人暮らしのマンションと職場を往復するだけの淋しい毎日。唯一の楽しみは子供の頃からの憧れの人・花澤秀とご飯を食べるひと時だけ。若くして社長になった秀は王子様みたいなイケメンで優しくて、でも「好きな子ほど泣かせたくなる」人らしい。…え、もしかしてこんなに甘やかされてる俺は恋愛対象外ってコト!?
◇◇◇◇◇


先月の新刊予約した時点ではスルーしていたのだけど、攻めザマァな展開があると聞いて読んでみたくなって月末発売分の予約に同梱してゲットした。


2017-01-04 01:36 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リンクス
◆きたざわ尋子&千川夏味
『不条理にあまく』コミコミ特典イラストカード付き(2016年12月発売)

ー私の評価ー
好み度/★☆☆☆☆
エロ度/★★☆☆☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
小柄でかわいい容姿の蒼葉には、一見無愛想だが実は世話焼きの恋人・誠志郎がいた。彼は、もともとは過保護な父親がボディガードとして選んだ相手で、今では恋人として身も心も満たされる日々を送っていた。そんなある日、蒼葉は父親から誠志郎以外の恋人候補を勧められてしまう。戸惑う蒼葉だが、それを知った誠志郎から普段のクールさとはまるで違う、むき出しの感情で求められてしまい…。
◇◇◇◇◇

「理不尽にあまく」の続編が出るとは思わなかったな~。出るとすれば父親編というスピンオフかなと予想してたのだけど。

2017年になって1件目の感想です。書きかけはいくつもあるけど記憶が新しいうちに片付けるよ。

2016-10-18 20:55 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆プラチナ文庫
◆栗城偲&駒城ミチヲ
『美味しいオカズをいただきます。』(2016年10月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★☆☆☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
過去の経験からちょっとした人間不信になっていた天羽。ゲイでタチだが、すっかりオナニスト生活を楽しんでいた。そんな時、仕事で訪問した野菜料理店の味に魅せられ、通い始める。野菜たっぷりの美味しい総菜と、それを作る強面ながらも優しい店主・作元は、日々の癒しだった。――なのに、なんだかムラムラする。ついつい、彼の逞しい腕や大きな手をオカズにしてしまい!?
◇◇◇◇◇

高月紅葉さんの仁義なき嫁新刊を東京に買いに出た時にそばに並んでて手にとって気になったから購入した。