2017-03-18 14:35 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆Dear+文庫
◆砂原糖子&小椋ムク
『毎日カノン、日日カノン』ペーパー+コミコミ特典イラストカード付き(2017年2月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★☆☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
「君が好きだ。僕と一緒に来てくれないか?」住み込み先の御曹司・澄一にそう言われ、屋敷を出て一緒に暮らし始めた可音。幼い頃から大好きだった澄一のお世話をできることが幸せで、可音は毎日夢見心地だった。けれど“お手伝いさん”のつもりでいた可音とは違い、澄一は可音のことを“お嫁さん”だと思っていた。認識のズレから、バラ色の生活にも少しずつほころびが生まれ始め…?甘々すれ違い主従ロマンスv
◇◇◇◇◇

1月発売のキャラ文庫の「猫屋敷先生」がめちゃくちゃ面白かった砂原糖子さんの2月のDear+文庫新刊はどうかなと思ってたらこちらも当たりでした。


2017-03-13 07:56 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆椎崎夕&高星麻子
『仮初の恋人』コミコミ特典イラストカード付き(2017年2月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★☆☆☆
挿絵好み度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
看護師の東通孝(あずまみちたか)は、十年来の親友・斉藤のためにアトリエを提供していた。賞をとった斉藤が開いた個展をきっかけに、援助を申し出た仁科との食事会に同行した通孝は、彼が受賞作に見入っていた男だと気付く。仁科は通孝が高校生のころ自覚した斉藤への恋慕を見抜いていた。その口止めとして恋人にならないかと言われ付き合い始めた通孝だったが!?
◇◇◇◇◇

椎崎夕さんの作品は好きなのと苦手なのがあるんだよね。私はルチル文庫で高星麻子さんが絵師だとイケる場合が多い。SHYノベルスは苦手な場合が多い。
この新刊は絵師が高星麻子さんだし、あらすじも絶対好みっぽいなと思った!


2016-12-08 15:22 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルビー文庫
◆神香うらら&こうじま奈月
『傲慢紳士と蜜愛バカンス』(2016年12月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
星野凛の研究づけの毎日は、妹の駆け落ちで滅茶苦茶に。妹達を連れ戻すべく、まずは妹の恋人の兄・プレストンの元へ乗り込む。アメリカの経済界で有名な一族の御曹司であり、完璧なセレブリティの彼は取り付く島もなかったが、どんな気紛れか同行を申し出る。旅の途中、欲望を揺さぶる出来事が…!青灰色の瞳は冷たくて。でも猛々しい熱も孕んでいて。二人はあの夜を忘れバハマに向かうが、嵐で遭難してしまう。無人島でプレストンの切ない過去と心に触れた凛だが、実は!?
◇◇◇◇◇

12月ルビー文庫は成瀬かのさん1冊のみ購入の予定だったけど、ルビー文庫全サ応募には2冊必要だとのことで慌てて選んだのが神香うららさんでした。
選んだの正解!面白かった~。


2016-10-26 12:42 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リブレBBN
◆砂床あい&円陣闇丸
『阿仁須先生の淫らな診察』(2016年10月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★☆☆
挿絵好み度/★★★★★

◇(あらすじ転載)◇
「おまえは最高のご馳走だ」会社員の穂純はEDを治したくて訪れたクリニックで、超絶美形な院長の丞司(ジョージ)から淫らな治療をされてしまう!翻弄されるまま丞司の巧みな愛撫に達かされてしまった穂純。人間離れした傲慢さと色気に満ちた手管…丞司の正体は人の精を餌として生きる吸精鬼だった!「治療」のために美味しく食べられる関係が始まるが、穂純はどこか人めいた丞司に心惹かれ始める。でも自分はただの餌…相容れない思いが辛くて距離を置くと、丞司が執着を見せ!?濃厚人外ラブv
◇◇◇◇◇

絵師が円陣闇丸さんなので購入した。前回は蓮川愛さんだったし、今回は円陣闇丸さんだし、やまねあやのさんのファインダーシリーズの小説版を担当したりと、砂床あいさんはリブレから愛されてる作家なんだな~。

あとがきによると、冬にやまねあやのさんのファインダーシリーズの小説版が発売予定らしいよ。



2016-07-18 12:56 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:読んだ本の紹介
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆愁堂れな&石田要
『ロマンスの帝王』(2016年7月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★☆☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
ロマンス小説の編集部に所属する白石瑞帆は、際立った容姿と男の色気を兼ね備え『ロマンスの帝王』と呼ばれる黒川因(くろかわゆかり)編集長に叱責され、偶然訪れた『酵素バー』で酵素カプセルを試すことに。カプセルから出るとそこは一面の砂漠。アラブ服を纏った黒川そっくりの男が現れ、この国の王・マリクと名乗り、白石に「私の花嫁だ」と甘く囁くが……!?
◇◇◇◇◇

多作の愁堂れなさんの新刊はあらすじから砂漠モノかと思ったけど違いました。