2013-07-16 01:10 | カテゴリ:BL漫画・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆キャラC
◆大槻ミゥ
『カラスにダイヤモンド』(2012年10月発売)

カラスにダイヤモンド (キャラコミックス)カラスにダイヤモンド (キャラコミックス)
(2012/09/25)
大槻 ミゥ

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
なぜか毎日カラスにストーキングされる佐鳥。それを助けてくれたのが、同じ大学に通う乙村だった!!ちょっと強面で近寄りがたいけれど何かと親切に佐鳥を助けてくれる。しかも、カラスと会話ができる不思議な力を持っていて…!?
他、サクラの花に重ねた切ない恋心と、田舎暮らしのほのぼのカップルの2編収録v
◇◇◇◇◇

キャラバースデーフェアの対象本から選んで購入した。
人気ある漫画家さんだけど私は絵柄が苦手なので手を出さないね。こういう読者に既刊フェアはありがたいのかな。いつも既刊フェアで新刊発売時に買うから買うもんないわとプンプンしてるのにね(笑)。自分でも矛盾してるわ~。


>>ネタバレ続き★


あらすじは新刊発売時から気になってたんだよ?雑誌でも1話目は見たことあるし。でも好きな漫画家さんじゃないから新刊発売時はパスしたんだよな~。
好みじゃない絵柄を頑張って読んだが、何か読後感がモヤッとした。こういう作風なの!?こういうモヤッと感が流行りなんですか!?という感想の一言に尽きるコミックであった…。


◎「カラスにダイヤモンド」1話2話

乙村×佐鳥、という大学生同士のカップリング。
歩いてたらカラスにいつも襲われたりストーキングされたりする[受]佐鳥を助けてくれたのは同じ大学の[攻]乙村。見た目は強面だけどホントはカラスが懐くぐらい優しくて、すっかり仲良くなる。カラスを助けたからカラスに懐かれたというエピソードは二人の秘密だったのに、全く接点のない2人が仲良くしてるのを訝しんだ友達からの[攻]乙村についての誤解を解こうとしてついエピソードをバラしてしまったことを本人に知られて2人の仲が拗れ、そしてなんやかんやで恋人になるのは読んでて楽しかった。
エチシーンも思いっきり描く漫画家さんなんだね(笑)。キラキラした睫毛とか猫目な[攻]が苦手なんです…。2話が蛇足なんじゃないかと思ったのよ。2話がモヤッと感が残ってさ~。[攻]乙村が実は[受]佐鳥を1年前から知ってて、当時の[攻]乙村は今と雰囲気が違うから[受]佐鳥は全く気付いてない。[受]佐鳥が[攻]乙村の先輩の先輩を嫌な顔せずに助けてくれたことが一目惚れだったんだろね。[受]佐鳥本人にそのこと言わなくていいの!?すんごいモヤッとした~。カラスは何故[受]佐鳥が好きなん?それもモヤッとした~!!


◎「サク・ラ・チル」前後編

上谷×駒木、という大学生同士のカップリング。
どうでもいいけど「上谷」を「かみたに」と読んだら「かみや」だった。作者は関東の人だろなと思った(←カバーの作者紹介を見たら広島出身東京在住だった)。実は私の旧姓に「谷」が付くのです。これの読み方で関西人か関東人かが分かるのさ。関東の人は必ずといっていいほど「や」と読むからね。「タニなんですよ~」と毎回訂正した(笑)。
さて本題。これ、ホラー系雑誌かホラーがテーマだったの!?と思ってしまった。巨大な鬼が出てきて人間を掴むシーンがあるが、作者さんって今、アニメ「進撃の巨人」にハマってたりしない(笑)?雑誌掲載は去年だから原作漫画でハマってたりしないかと想像した~。高校生の時に同じクラスになり、女子にめちゃ人気でいつも囲まれてる[受]コマを性少年たちは羨ましく思ってた。[受]コマが下駄箱レターにため息をつくのを見て偶然一緒に帰った時に聞いてみたら、手紙に怨念籠もってそうで怖いとか女って面倒で怖いし苦手とか童貞と知ってから親しくなり親友になった大学生の現在、いつもの悪友2人も含めて4人がいつも一緒のグループなのかな。その悪友2人が花見合コンしたいと言い出して、[攻]上谷は夜桜に怖い昔話の思い出があってあまり乗りたくないんだが[受]コマが一緒だから行くことになったら、[受]コマが席を外した時に悪友2人が[受]コマのゲイ疑惑を言い出してそれからモヤモヤ!夜桜の花見合コンで[受]コマが夜桜の鬼の昔話を自分なりに解釈した話を聞いてから[攻]上谷は自分が鬼になって[受]コマを捕まえて貪りたくなって…[受]コマが男と一緒(←従兄弟)のを見たら欲望が抑えきれなくなって抱いてしまって…。
え!?ここで終わりなの!?どういう意味なのか分かりませんでした…。モヤッとして仕方ないわ。こういうのが流行りなの!?


◎「フローラ」

カズ×洋佑、という田舎で花屋を二人でやっている5歳年の差の年上[攻]のカップリング。
これは[攻]カズが知り合いから紹介して貰った友達の[受]洋佑に惚れ込んでしまい、彼女がいるのに奪う形で別れさせて恋人になって、誰かに取られたくないから田舎で花屋を一緒にやることて閉じ込めた男のエゴかな?閉じ込めたのに自分が他人から[受]洋佑を奪ったもんだから誰かに奪われるんじゃないかと不安で不安で…という[攻]カズが可愛くて私は好きな作品でした!
田舎なのに若いシュッとした青年が花屋に来るようになって不安が増す!オッサン可愛いのぅ…(ニヤリ)。結局、[攻]カズが心配した[受]洋佑を好きになって奪いにきた男ポジションではなく、別れた彼女が依頼した探偵。始めは様子を見てこいだったのが腹いせに寝取ってこい依頼って…コワいな。
[攻]カズの“誰かを傷つけても欲しい”ってのがときめいたわ~♪



既刊フェアでもなきゃ買わない作品でした!


end.


秘密