2013-07-19 17:35 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆キャラ文庫
◆愁堂れな&笠井あゆみ
『猫耳探偵と助手』(2013年3月発売)

猫耳探偵と助手 (キャラ文庫)猫耳探偵と助手 (キャラ文庫)
(2013/03/27)
愁堂 れな

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
理不尽な理由で会社を解雇された環。茫然自失で訪ねた探偵事務所で出会ったのは、美貌の探偵・羽越!なぜか猫耳カチューシャを頭につけた羽越は、一目見るなり「君は今日から僕の助手だ!」と高らかに宣言!いきなり事件現場を連れ回される羽目に。そんな折、環のアパートが放火で炎上!!おまけに元上司が遺体で発見されて…!?猫耳の道化役は仮の姿!?変人探偵と新米助手の事件帖v
◇◇◇◇◇

会社員と兼業なのに、多作だよ、愁堂れなさん!これは発売日時点で気になった作品だったから買おうと思ったんだけど、キャラバースデーフェアの対象本になるに違いないと予想して見送った。私の勘は当たりました!誰でも予想してたと思うわ。小冊子の参加メンバーも大体予想つくやん?



>>ネタバレ続き★


愁堂れなさんのお得意の2時間サスペンスBLです。2時間サスペンスBLは好きなんだけどね、愁堂れなさんはもう少しペースを落として書いて欲しいな~と思います。


元刑事の探偵・羽越×会社を理不尽な理由で解雇された探偵助手・環、というカップリング。

[受]環は勤務先の会社の専務と恋人だったが婚約するからと捨てられ会社を不当解雇された上に、専務が殺害されて殺人犯と疑われ、更には自宅が放火されて放火犯と疑われてしまうという不幸のオンパレード!!それを解決してくれた探偵の[攻]羽越となんやかんやの末に恋人になりましたとさー、という愁堂れなさんの2時間サスペンスBLの典型的パターンかな。笑ってまうぐらいに典型的パターンなんだもん、冷めて読んでたよ。

[受]環に全く好感が持てないキャラクターだから単なる2時間サスペンスBLとしか感じられなくて残念だった。専務はゲイ寄りのバイなのかな、婚約者がいるのを隠して気に入った子を会社に入れるという公私混同し飽きたらポイ捨ての解雇。周りはみんな知ってて本人だけは知らない(苦笑)。
放火されて全部失うが別れた専務関連なので特に思い入れがないようで、そういう態度が私には不思議。

仕事に関しても恋愛に関してもいい加減な付き合いだったからアッサリ切ることが出来たんだ、人間的に何にも身になっていないことを[攻]羽越と接することで徐々に理解していくのは良かったのかな。

そして、専務殺害や放火の事件が[攻]羽越の推理で解決するのだが、探偵が真実を語る時は猫耳カチューシャを装着。猫耳はナマではなくカチューシャでした(笑)。
元はデキる刑事で上司の不正を知ってしまいそれを本人に言うと辞職するが娘の結婚式まで待ってと言われて待ったら証拠隠滅を図って[攻]羽越を飼い殺しにしよいとしたため警察を辞めて探偵として元上司を追い詰めることにしたらしい。同僚だった等々力や仲間が協力してくれて、ってことらしいからこの作品がシリーズ化するなら元上司の罪を暴くんだろうか?等々力が男らしい男前だから[攻]羽越を好きだったらいいのに!

結局犯人は婚約者。専務が男にまで手を出してたり(←[受]環)、クラブの女性とも関係を持ってて自分によりも高いプレゼントをあげてるのを知って我慢できなくて。他にも高校生の男の子にも手を出してたらしい。全く知らなかった[受]環もどないやねんと思うんですが…。
婚約者を唆したのは専務の異母弟である部長。自分は愛人の子だからと割り切ってるふりして社内で人望をそれなりに集めてたけどやはり野心はあったのね。当たり前だよね。

事件が片付いて[受]環は[攻]羽越を意識しつつあるから恋愛に進んでも無理はないが、[攻]羽越もずっと体を慰めてやるとか言ってたがこれは謎![攻]羽越は[受]環のどこを好きになったのかサッパリ理解出来ないわ。
放火された部屋の弁済を犯人である婚約者の弁護士から提示されても断る意味が分からないんだけど!いくら[攻]羽越の助手として働き、恋人として同居するにしても、それはちゃんと精算しておくべきじゃない?
2時間サスペンスBLと私は何度も言ってるが、これは日本テレビ系火曜サスペンス劇場の“6月の花嫁”シリーズみたいだなと思った。主人公に事件がいろいろ起きて最後は結婚式で終わるというアレ。[受]環がこれでもかと不当なことが起きたが最後は心から愛する恋人が出来たし一緒に働き住むから嫁入りやで。

グダグダ納得いかんと感想を書いてるがシリーズ化したら勿論読むと思う。


end.


秘密