2013-07-23 16:33 | カテゴリ:BL小説・作家ナ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆プリズム文庫
◆仁賀奈&水名瀬雅良
『最凶ツインズ-ふらちな義弟たち-』コミコミ特典SS掲載イラストカード付(2013年7月発売)

最凶ツインズ ーふらちな義弟たちー (プリズム文庫)最凶ツインズ ーふらちな義弟たちー (プリズム文庫)
(2013/07/23)
仁賀奈

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★☆☆☆☆
エロ度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
出張で、14年ぶりに香港を訪れた悠真。けれど昔を懐かしむ間もなく、空港で見知らぬ男に拉致されて、中環にある超高層ビルへと連れていかれる。そこで待っていたのは、14年前に別れも言えずに離れ離れになった6つ年下の義弟、凱屠と蒼天だった。天使のように可愛いらしかった双子は、獰猛な雄オーラを放つ美青年へと成長していた。会えて嬉しい悠真だったが、2人から独占欲もあらわに求められてーー!?
◇◇◇◇◇

ティーンズラブ(TL)で活躍中の仁賀奈さんのBL作品。数作品書いているのかな?私はこれが2冊目なんですが、1冊目の新書の感想をボロクソに書いた記憶がうっすらある(←振り返らない)。

BLを舐めとんのか!と言いたい。
スミマセン、それは暴言ですね。どこかで読んだことある感満載でした…。

>>ネタバレ続き★


※かなり辛口です。


香港マフィアのトップの義弟双子・凱屠&蒼天(22)×輸入卸会社の会社員・瀬戸悠真(28)、というカップリング。

あらすじ読んだ時点で、この設定って思いっきりデジャヴなんですけど!!
BL香港マフィア、両親が再婚して兄弟になり綺麗な義兄[受]に一目惚れの腹黒い義弟しかも双子、義兄[受]を手中に収めるために義兄[受]が勤務する会社まで取り込む、腹黒いもしくは組織のトップ[攻]の唯一の弱点である[受]に手を出そうとする奴もしくは組織がある、[受]ピンチに[攻]が救出する、双子[攻]どちらか選べません、選べないなら両方受け入れてよ、[受]も絆されて[攻]を受け入れる、ってところでしょうか。

パターンが決まってくるにしても酷くないか?ほぼ上記の通りだよ。BL義兄弟形式に当てはめたみたいな気がしてさ。どうしてもこういうのってパターンが決まってしまうだろうが、せめてもう少し肉付けして内容を膨らませれば私もこれほど辛口にはならんよ。

[攻]2人と[受]1人の3Pだが、二輪挿しはなかったね。仁賀奈さんならあるかなと思ったから意外だったな。これが一番興味深い内容だったかもね(笑)。


[受]悠真のヴァージンを奪う[攻]凱屠はゴム装着、二番目に挿入の[攻]蒼天はナマって[攻]2人が相談して決めてたよ。何だよ、この冷静さは(笑)。以降はナマで中出しオンリーです(笑)。

双子[攻]凱屠&蒼天が父親である香港マフィアのトップを無理やり引退させて自分たちがトップになったようで、父親が息子たちをハメようと義息子[受]悠真を拉致ったくだりがあるが、これが何かヌルいわ!!息子たちに地位を奪われたのを更にやりこめるつもりなのか単にギャフン程度なのか微妙やで。

14年前、[受]悠真は母親に騙される形で日本に帰国して義弟たちと約束した水族館に一緒に見に行くのが果たせなかったことを気にしていたが、きっと義弟たちはあまり繊細ではないから気にしてないんだろな。母親は再婚した夫が香港マフィアだと知って慌てて離婚して息子を連れて日本へ戻ったが、正式には離婚手続きが完了してなかったようで、義兄弟のまま。
会社の長期出張を命令されて[受]悠真は香港に渡ったけど、これ自体が双子[攻]が仕組んだことだから、[受]悠真は働かないで双子[攻]の側にいるだけの今後なのかな?エッチばっかされて体が保つんでしょうか。ダメダメと一応抵抗はするものの猫パンチぐらいの威力しかないから(笑)!流され[受]ですね。


コミコミ特典のイラストカードの番外編は、姫はじめの話。


内容が浅ーーい、ただエッチしかしてない、なんちゃってBL香港マフィアだから軽い気持ちで読めていいのかもね。
水名瀬雅良さんのイラストは美しく、これだけは★5個の価値かなと思った。


end.


秘密