2013-09-23 19:29 | カテゴリ:BL小説・作家タ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リブレBBN
◆遠野春日&東野海
『傲慢な恋愛流儀』(2013年9月発売)

傲慢な恋愛流儀 (ビーボーイノベルズ)傲慢な恋愛流儀 (ビーボーイノベルズ)
(2013/09/19)
遠野 春日

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
留学生の三樹也は、大学のパーティーで辣腕な学生実業家・ナズィールと出会う。傲慢な態度、華やかな雰囲気、自信に満ち溢れ、華麗な世界に生きるナズィールに唇を奪われた三樹也は、そのまま初めての経験も彼に捧げる。
「おまえ、可愛いな」執拗に可愛がられ啼かされ続ける三樹也。清廉で素直な三樹也の身体は甘く花開き――!けれどナズィールには三樹也を陥れる別の思惑があって!?傲慢な愛で純情な青年を独占&溺愛するセレブラブv
◇◇◇◇◇

遠野春日さんの作品は情熱シリーズや茅島氏や単品など作家買いするほど気に入ってる作家さんです。…の割には感想は書いてないけどね。
この新刊は通販届いてすぐに読み始めたから忘れないうちに感想を書いておこうかなと思って。




>>ネタバレ続き★


遠野春日さん、作家買いしてる割には読んでみると好みじゃなかったりするんだよね…。それと、本編はめちゃ好みなのに、同人誌やドラマCDブックレットなどに番外編SSを見るとガッカリ展開だったりするんですよ。後継者が必要なポジションの主人公の代わりに結婚して子供を作るであろう脇役が男の恋人が出来そうだったりとエーッな展開を作っちゃう作家さんなので微妙に好みが外れるんだよね。ゴージャスセレブが舞台で乙女の夢が詰まっていて基本的には大好きです。

この新刊には2組の話・カップルが収録されている。
表題作『傲慢な恋愛流儀』には裕福な家庭の子で大学生実業家ナズィール×日本人留学生三樹也、『ヴァカンスの流儀』には中東の王様の第四夫人の息子で第10王子シン×日本人留学生・夏央、というカップリング。

この本を読んでの率直な感想は“ロキデナシのイヤな[攻]だな、ギャフン言わされんの少なすぎる!!”です。どちらも[攻]としてひどい奴なので私はこの作品は好きじゃないな~。簡単に感想を残す。

『傲慢な恋愛流儀』の[攻]ナズィールがめちゃくちゃ腹が立ったわ~![攻]ナズィールは裕福な育ちで学生企業家でお金にも女にも困っていない。小さいときから中東の王子である『ヴァカンスの流儀』[攻]シンの学友というか親友であることが誇りで、王子[攻]シンといつも行動を共にしていたのに、王子[攻]シンがパーティーで日本人留学生[受]夏央を追いかけてることがプライドを傷つけられて、その鬱憤を晴らすが如く一人で過ごしている日本人留学生を発見し弄んでやろうと思ったりする。世慣れない大人しい、周りの学生が避けているとおぼしき[受]三樹也に声をかけて親しくなって夢中にさせて、そしてポイ捨て。[受]三樹也も自分はふさわしくないと思っていたから、いざ[攻]ナズィールに告げられても納得して去っていくんだよね。
そして[攻]ナズィールの後悔タイムが楽しかった![受]三樹也に夢中だったのにね。周りの学生が避けていたのは嫌われてるとかじゃなく、性格が尊敬に値する人物で付き合いたいと思っているからみんなが紳士協定を結んで必要以上に近づかないようにしていただけ。学生の中でも特別な存在の[攻]ナズィールには誰も[受]三樹也の紳士協定のことを言ってなかったから手を出せたという…。
勝手な[攻]ナズィールにはもっとぎゃふんと言わせて欲しかったよ。反省が足らん!
でもさ、[攻]ナズィールってば親友王子[攻]シンを日本人留学生に取られて悔しがっていたけど、[攻]シンに求められたら抱かれていたのか?そういう描写はないけど、情熱シリーズで[攻]遙さんと[攻]東堂を書くような作家だからさ~。

『ヴァカンスの流儀』は小b掲載のようだ。こちらは大学時代に関係が出来て、[受]夏央は個人秘書の職にあるって感じ?王位継承権に関係ない第10王子の[攻]シンと[受]夏央は不思議な関係かな。[攻]シンが言葉にしてないので[受]夏央にしてみれば、友人から秘書になったセフレって感じ?[攻]シンが好き勝手やってて[受]夏央に悲しい気持ちにさせるのはBL界の[攻]の風上におけんよ![攻]は[受]に寂しい気持ちや不安にさせてはいけないんです。リバっぷるならポジション的にも平等だからいいよ。
結局トラブるとかあって[攻]シンが最初から恋人のつもりだったことも分かってハッキリ恋人関係になってめでたしだけどさ~やっぱり[攻]シンはイヤだ。


この作品の[受]たちはなぜこんな傲慢で自分勝手な男がいいのかサッパリ分かりません。作品のテーマが傲慢[攻]だから仕方ないんだけどね(←それを言っちゃおしまいよ)。

あとさ、私は絵師の東野海さんの絵柄が苦手。[攻]も[受]も絵柄が似ていて見分けがつきにくいね。


end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

秘密