2013-10-04 09:56 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ガッシュ文庫
◆水瀬結月&北沢きょう
『英国貴族に愛されて~求婚は謎解きのあとで~』(2013年9月発売)

英国貴族に愛されて (ガッシュ文庫)英国貴族に愛されて (ガッシュ文庫)
(2013/09/28)
水瀬 結月

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
ーー謎解きの前に初夜だなんて!?
新米古書修復師の雪紘(ゆきひろ)には、ずっと想いを寄せている幼なじみがいる。伯爵家の血を引くハーフで、現在は英国留学中の継也(つぐなり)だ。昔、夢見がちな雪紘に付き合い、王子様とお姫様ごっこをしてくれた頃からずっと一緒に成長してきた。継也の帰国を待ち焦がれていた雪紘だが、当の継也に請われて伯爵家にまつわる秘密を解くべく渡英することに!その秘密には、継也と雪紘が幼い日に交わした無邪気な誓いーー結婚の約束が深く関係していて…!?
◇◇◇◇◇

水瀬結月さんの作品はかなり好きなので買ってる方だな。ええ感じのペースで発行される作家さんだなと思う。

今回、正直、デジャヴ!?かと思ったんですけど…。



>>ネタバレ続き★


英国伯爵家前伯爵の庶子・大賀継也(22歳)×古書修復師・日野雪紘(22歳)、という幼なじみのカップリング。

ごめん!正直、私には書きたい感想がない。サラーッと読んでしまった。結果としては長い感想だとは思うけどね。普通の作品だな。そして、タイトルで萎えてしまった。サブタイトル『~求婚は謎解きのあとで~』はナイわ~(苦笑)。ドラマ化されたアノ作品が思い浮かぶわ。これは不要やで。
おまけに、中身としても8月に発売された講談社X文庫ホワイトハートの調香師×営業カップルがお互いセフレと恋人と勘違いしていた作品があったが、この『英国貴族』もそのパターンだったんだよね。[受]雪紘視点なので[受]雪紘の切ない(?)片想い、[攻]継也は子供の時から婚約していて今は遠距離恋愛中という認識の違い、[受]雪紘の激しい天然ボケってパターンが同じでさ。連続で来られるとちょっとなぁ…と思ってしまう。ホワイトハートを読んでなければ新鮮で面白いと感じたと思うけどね。

[攻]継也は英国貴族のブルックフォード前伯爵の庶子で日本で育っていたのだが、現伯爵である兄ジェラルド伯爵から貴族としての作法等の訓練を受けるなら弟と認めるということで、[攻]継也の思惑もあって英国留学している。

[攻]継也の兄ジェラルドの依頼で、二人は英国のブルックフォード家の謎を解くことになり…そして解けた暁に結ばれてめでたしめでたしって話でした。

[受]雪紘は中学生ぐらいから[攻]継也に恋をしたらしいけど、幼い頃に自分をお姫様と例えてるようじゃ性別的にBL[受]の素質が十分あったんじゃない?と思えたからちょっと萎えた。そして幼き頃に[攻]継也と約束したことをコロッと忘れてるなんて罪なヤツだぜ…。ホワイトハート作品と同じく[攻]が報われないっつーか(笑)。幼き頃の[受]雪紘の発言が元でずっと[攻]継也は手を出すことが出来なくてお気の毒で仕方ない(笑)。

[攻]継也が紙粘土の指輪(←継也の母親大事な指輪を紙粘土コーティングして隠している)を渡して[受]雪紘にキスをする(未遂)というゴッコ遊びをしていたらーー王子様がお姫様に指輪を渡してキスをしてお城で結婚式ーーという[受]雪紘の幼い頃の発言で[攻]継也は「城をてにいれてやる」と奮起し現在に至っていたんだよね。[攻]継也的には婚約している認識だが、[受]雪紘は兄ジェラルドの発言もあっていずれ貴族になる人だからと片想い。ぷぷぷ(笑)。

でもさ、この作品の肝なんだけど中途半端なのが兄ジェラルドなんだよね。彼には晴尚というソムリエを好きでたぶん両思いなんだけど伯爵と使用人なので晴尚から受け入れて貰えない。そのため父親の庶子である異母弟[攻]継也を貴族としての教育をして跡継ぎにするつもりで自分は晴尚と一緒になろうと目論んでいた、と。異母弟がカップルになっちゃったし晴尚は受け入れないみたいだし、今後兄ジェラルドはどうするのかね?スピンオフがあるんでしょうか?兄ジェラルドはツンデレ[攻]のようです。たぶん…。
兄ジェラルド×晴尚のスピンオフはないのだろうか。二人が説いた伯爵家の秘密は「真実の愛の証」で歴代当主が残した本当に愛する者の肖像画だったから。ファミリーツリーには系譜されない者、つまりは配偶者以外の者ってことだもんな。屋敷の肖像画は歴代伯爵夫人が飾られている。先代伯爵は[攻]継也の母親の肖像画だから、兄ジェラルドは複雑だよね。兄ジェラルドも妻を娶りながら晴尚と関係するんだろうか?晴尚はあくまでも使用人として側に侍り、関係を持つつもりはないみたい。

ホワイトハートの作品と同時期に執筆してあのドラマも見ていたのかなと思ってしまった。


end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

秘密