2013-10-21 01:19 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆リブレBBSN
◆眉山さくら&小山田あみ
『花嫁飼育』(2013年10月発売)

花嫁飼育 (ビーボーイスラッシュノベルズ)花嫁飼育 (ビーボーイスラッシュノベルズ)
(2013/10/18)
眉山 さくら

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★★★

◇(あらすじ転載)◇
「口の悪い花嫁だ。だが身体はすっかり俺の味を覚えて、貪欲に求めてきているぞ」
真面目な高校教師・陽生の前に突然現れた、傲慢なマフィアの首領・ジルベルト。会った事もない陽生の亡き父は、実は別のマフィアの首領だった――ジルベルトは全てを支配するため、陽生を拉致し、激しく犯す。あげく「自分の花嫁にする」と言い出し、淫らな教育を始める。嫌なのに…乳首が紅く熟れるほど弄られ、最奥を熱塊でかき回され、蜜悦に溺れていき…。濃厚エロス。
◇◇◇◇◇

眉山さくらさんの作品はショコラNハイパー(←今はない)からずっとエロ路線の作家さん認識かな。ワンパターンな気がして遠ざかってたんだけど、アニメイトで開催のリブレとダリアのノベルフェアCDのために、この新刊を選んだ。


>>ネタバレ続き★


マフィアのボス・ジルベルト×高校教師・美作陽生、というカップリング。

いつも言ってる気がするが改めて感想を書くネタがない。だって、このレーベルが“ビーボーイスラッシュノベルス”というBBNよりエロい設定レーベルだから、ガンガンにエッチシーン投入ですよ。冒頭から(笑)。サクサクっと流し読みしちゃいました。

エロばっかなんだけど、割と面白かったんだわ。ツッコミ所は多々あるんだけどね。
めっちゃツッコミたいのは、[受]陽生は工業高校の英語教師なのにイタリア語が喋れんの?母親は未婚で父親の存在知らんかってさ、今回[攻]ジルベルトから父親がマフィアの大親分やったって聞かされたぐらいなんやからイタリア語は馴染みねーだろ!とツッコミいれました。イタリアのマフィアたちが[受]陽生のために英語喋るわけないしさ~。どうやって会話したんですか(笑)。[受]陽生は大学時代にイタリア語を取ってたんだと思うことにしましょう(←嫌味だな)。

[攻]ジルベルトは亡くなった他組織の大親分の負債を[受]陽生に背負わせてその組織を自分のものにする手法を取りました。それが“花嫁”ね。
[受]陽生の姉を拉致って嫁にすると脅してきたため、姉に幸せになって貰いたいと願う[受]陽生は自分が身代わりになったのにカラダまで奪うわ、ホンマは姉の身代わりじゃなく組織を引き継ぐ可能性のある[受]陽生を潰すために騙した上に、他の親分たちに[受]陽生をオンナとして抱かれる様子を見せつけるという悪魔の所業!!今までポジティブシンキングで[攻]ジルベルトの側で負の遺産の清算に励んでいた心がポッキリ折れて食事すら取れなくなり動かなくなるのを見て、大親分だった祖父の手下でずっと親身になってくれてたディオは[受]陽生を連れて逃げようとするんだが、ディオは[攻]ジルベルトをハメようとする敵に利用されてたんだよね~。
敵とつるんでる男娼で[攻]ジルベルトの元恋人であったアンジェロに酷い目に遭わされそうになってピーンチ!に[攻]ジルベルトが助けに来ました。[攻]ジルベルトが怪我をし、看病することで[受]陽生との仲は恋人に。めでたしめでたし!

[攻]ジルベルトの組織の者で側近で親友でもあるジャンニは[受]陽生を認めてて利用しまくる[攻]ジルベルトに苦言を呈したり。それを苦々しく思ってたのは[攻]ジルベルトが憧れる形の人間が[受]陽生だったからなんだけど。
[攻]ジルベルトが学生時代の教師がアンジェロ。アンジェロがピンチになった時に教え子であった[攻]ジルベルトが助けてアンジェロが迫って恋人になったんだけどアンジェロは教師らしからぬ性悪猫みたいな奴だったわ裏切るわ(←敵に脅されて恋人だったジルベルトを警察に売った)で[攻]ジルベルトは理想が壊れちゃったから恋人が信じられなくなったのかな。[受]陽生がまた[攻]ジルベルトの理想のタイプだったから、いつか裏切ることしでかすと思って唆すかのように利用しまくったんだろうか。それでも前向きングだったから眩しかったんだろな~。不良が優等生に憧れる的な(笑)?

側近ジャンニが極妻を知ってて、[受]陽生を姐さん呼ばわりで笑ってしもたね。
あ、ツッコミどころは、イタリアのマフィアの屋敷には雑巾がけするような床はねーよ!と思ったよ。まだ騙されてると分かる前、姉の身代わりに嫁の勤めだと励んでた時のネタ。


ビーボーイスラッシュノベルスだな~という内容でしたな。

小山田あみさんのイラストは大好きだ!色っぽいよね。


end.


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

秘密