2013-10-23 18:11 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ダリア文庫
◆崎谷はるひ&タカツキノボル
『戀愛-koiai-』(2013年10月発売)

戀愛 -koiai- (ダリア文庫)戀愛 -koiai- (ダリア文庫)
(2013/10/12)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
会社員の橋田達巳は大学で出会い、今は同じ会社に勤める奥田にずっと片思いをしていた。しかし、男前で明るい性格な彼の傍らにはいつも女性の影が…。それでも達巳は奥田を想い続けるが、3年前友人でいられればと、やっとそれをふっきった。それなのにある日突然、奥田からキスとともに告白される。戸惑い混乱している中、身体だけでも自分のものにしたいと強引に迫られてーー!?
◇◇◇◇◇

今月発売の新刊。崎谷はるひさんの作品って読んでるけど感想は書いてないのが殆どなんだよね。今回は薄いしすぐ読めたから感想を残すことにした。
体調を崩されて休業されるとのことだから、いろいろ調整して予定がズレまくりですね。ま、体調が戻ってからガンガン発行してください。



>>ネタバレ続き★


奥田時彦(29歳)×橋田達巳(29歳)、という30歳前の大学からの同級生で同じ会社勤務の仲間からのカップリング。

大学のサークルで知り合い、仲間として過ごしつつも[受]達巳は行動的で女にモテモテで女を切らしたことのない[攻]奥田にずっと苦しい片思いをしていたけどノンケだから実るワケないと思っていて頑張って諦めようとしてたのに、諦めれそうな時に限って諦められないような行動に出られたりしていた。3年前にいよいよ結婚かという彼女が出来たことでスパッと諦めることが出来て見つめるのをやめた。そして今度は[攻]奥田からの突然のキスとアプローチに戸惑う[受]達巳。カラダの関係が出来て恋人になって、残りの2編で過去を振り返るという内容。
とにかく、[攻]奥田がズルい男だから好きになれませんでした。ずっと女性を恋人にしていて、人の好意には聡いので親友[受]達巳が自分を好きだとわかっての行動。ところが3年前ぐらいから自分を熱く見つめていなくてラブな気持ちを感じなくなって、そして大学時代のサークルの代表で現在の会社の社長・宍戸と交際してる噂を聞いて焦って手を出してくるんだよ?振り回してやるなよと説教したいわ(笑)。[受]達巳は[攻]奥田を諦めるために恋人を作ったり関係を持った男もいたようで完全に[攻]奥田一筋片思いってわけではなかったから良かったよ。これで清らかさんだったら私は萎えていたよ。
今後もノンケに夢を見ていないだろう[受]達巳を[攻]奥田はずっと愛して欲しい。エッチは激しすぎるので程々にしてやってくれ(笑)。

この作品はサイト掲載の再録・加筆修正なんだけどやはりサイトにわざわざ行って読むファン向けなんだなと感じた。
もともと崎谷はるひさんの文章は、漢字で書けばいいのをわざわざ(?)平仮名で書いててばかっぽい雰囲気とか出している効果なのか知らないが読みづらい箇所がある。
今回更に作中の人物たちが「Twitter」をやっていてその内容が書かれていたり、「Twitter」用語の「くじら」「TL」やネット用語の「DISる」とか記載されたんじゃ馴染みのない方にはさっぱり分からないと思う。巻末で編集さんが用語解説を入れるとかすべきなんじゃないかと感じたよ。正直私は「DISる」が分からなかったから検索しました。若い方や普段から使ってる方には分かるでしょう。私の普段の会話に「DISる」なんて使わんからね。
ネットで掲載なら良いが商業として書籍発行されたならもう少し改良すべきだったと思う。

そうそう、若者向けイベント会社だからって簡易連絡をTwitterで連絡しあうのは社会人としてはどうかと思うで?

ルチル文庫で発売が延期になってるのがあるし、私は詳しくチェックしてないけど他にも予定があったのをストップしてるのかな。絵師さんとの契約があるだろうから出版社も新作が無理でもサイト掲載してたのを利用しましょうとか言ってくるのかもしれない。あくまでも予想ね。私が編集者なら人気の作家さんの体調が悪くて新作が無理なら既存のものを使いたいって言うと思うもん。この作品もそういう流れで発行に至ったのかな?絵師がタカツキノボルさんだから不埒なシリーズ関係で起用することにしたのかなとか想像したり。正直、完全に休養されて体調戻ってから精力的に発行された方が良かったんじゃないかなと感じた。

社長宍戸がバイらしいが、崎谷はるひさんが体調悪いならスピンオフはないよね?スピンオフの崎谷はるひさんだから気になった。


end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

秘密