2013-12-07 02:34 | カテゴリ:BL小説・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆リンクスロマンス
◆いとう由貴&高崎ぼすこ
『赦されざる罪の夜』コミコミ特典クリアファイル付き(2013年11月発売)

赦されざる罪の夜 (リンクスロマンス)赦されざる罪の夜 (リンクスロマンス)
(2013/11/29)
いとう 由貴

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
精悍な容貌の久保田貴俊は、バーで飲んでいた夜、どこか淫らな色気をまとった上原慎哉に声をかけられ、誘われるままに寝てしまう。二人の関係はあくまで『遊び』のはずだったが、次第に上原の身体にのめり込んでいく貴俊。しかしある日、貴俊は上原の身体をいいように弄んでいる男の存在を知る。自分には見せたことのない表情で、男に命じられるまま自慰をする上原に言いようのない苛立ちを感じる貴俊だが、彼がある罪の償いのために、その男に身体を差し出していると知り…。
◇◇◇◇◇

いとう由貴さんの11月の2冊目の新刊で1冊目のクロスNと同じく絵師が高崎ぼすこさんなのは何故だろう?それがやけに気になったわ。

自分の書く感想がダラダラ長いからなかなか感想記事がアップ出来ないんだな。手短にすることにした。




>>ネタバレ続き★


[主人公]
会社員・久保田貴俊×会社員・上原慎哉、というカップリング。

医師・石津博之×会社員・上原慎哉、という亡き同級生の兄から罪の償いという名の関係も強いられている。


この新刊は私には苦手系いとう由貴作品でした。最近のいとう由貴さんの作品にはハマれないなと感じる。

[受]慎哉は中学生の時に大事な親友の石津友之からいきなりキスされて告白されたことで気が動転して思わずキツい言葉で拒否ったら、石津友之が自殺してしまう。それを兄である[攻]石津博之に罪を償えと責められて、抱かれる関係に。自分が発した言葉で親友が自殺したことが中学生の少年には重いよね。兄に責められたら自分が悪いんだと自責の年に駆られ[攻]石津博之の言う通りに抱かれたり男漁りで男を受け入れることで自分に罰を与える。

結婚を考えていた相手に振られてヤケになっていた[攻]貴俊が[受]慎哉と出会ってセフレ関係になり、女王様然としてたり妖しい魅力を振り撒いていたり危うい雰囲気に惹かれ気になる存在になっていくに従って[受]慎哉を恋人にしたくなったんだろうね。でも相手はビッチで、よくよく観察してると別の固定の相手(石津博之)がいることが分かる。
[受]慎哉に自己破壊破滅願望があって精神的にヤバいと感じた[攻]貴俊は調べるうちに事実を突き止め、同級生の自殺の責任なんて[受]慎哉には無いんだと言い聞かせ、自分が大事に思ってると分からせ、更に調べるとあの自殺したはずの親友石津友之が植物状態で生きてることが分かってコッソリ見舞いに行って[受]慎哉が話し掛けると涙を流して反応してやっと過去を乗り越えられ、[攻]石津博之と対決し決別。


私が分かんないのはさ、[攻]石津博之だよ。彼は大事な弟が片思いの相手[受]慎哉に振られて自殺したが助かり植物状態になったままな責任は[受]慎哉にあるとして私は友之の代わりだと抱くわけだろ?普通、弟の愛する相手を抱くか?その行動おかしくない?[攻]石津博之は弟友之を愛してて[受]慎哉が憎くて抱いたなら分かるんだけどさ。
そして10年も関係を続けたら情が湧くよね?だから抱き続けてたのか?こちらとの恋愛フラグが立つ方が良いんじゃないかと思えたよ。
今後、[攻]石津博之はどうなるんだろう?それが気になる作品であった。


高崎ぼすこさんは絵師としては好きだな。



end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

秘密