2013-12-08 16:52 | カテゴリ:BL小説・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆LiLiK文庫
◆秋山みち花&汞りょう
『花冠の誓約~姫君の輿入れ~』番外編ペーパー付き(2013年11月発売)

花冠の誓約 ~姫君の輿入れ~ (リリ文庫)花冠の誓約 ~姫君の輿入れ~ (リリ文庫)
(2013/11/27)
秋山みち花

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
男子でありながら姫として育った璃炎(りえん)と、皇統に属す身ながら奴僕に堕ちた耿惺(こうせい)。主従として出会った二人は、身分の壁を越えられぬまま互いへの密かな想いを抱いていた。しかし運命は一変する。――王宮を脅かす謀反人。冤罪を負った耿惺を逃がすため、手酷い言葉を投げる璃炎だが、激昂した耿惺に体を奪われて!?「必ず戻る」そう残して去った耿惺を思い1年。人形のように生きていた璃炎は再会した耿惺に窮地を救われる。だが、二人は立場は逆転していて?
◇◇◇◇◇

秋山みち花さんも多作だね。多少自分の好みから外れたりもあるけど、基本的には好きな作家さんです。

汞りょうさんのイラストがバッチリ合ってるね。



>>ネタバレ続き★


皇統ながら奴僕に堕ちた崔耿惺(23)×姫君として育てられた皇子崔璃炎(18)、というカップリング。


まずは編集部さんに言っておきたい!購入前にあらすじを読んで物語を想像するわけやん?実際に中身を読んで「尺がおかしいやんけー!」とツッコミ入れました。あらすじから下剋上で立場の逆転でなんやかんや物語が展開すんのかと思いきや、250頁のうち残り約35頁で立場の逆転よ。最後の最後に立場の逆転は尺間違えてる!!それなら配分を考えたあらすじをつけておくれ!

中華風設定だね。帝国の末期なのかな。皇帝の力はすっかり落ちていて、後宮の宦官が力を持っていて宦官の推す皇子が皇帝になるが邪魔になると消され…。息子を守るために皇妃は生まれた子供を姫君として扱い逃げる際に亡くなったので高位の貴族の呉丁玄の庇護のもとにある[受]璃炎。姫君として育てられても自分が男子なのは分かっているから屋敷内ではじっとしてられない。外に出よう出ようとするが賢い子供なので養父呉丁玄に見捨てられたら終わりなのは分かっていてギリギリの引き際や甘えたりしての毎日。
そこに何代か前の皇帝の血筋だが父親が謀反を起こしたために奴僕にされて生かされた[攻]崔耿惺と出会い、[攻]崔耿惺は姫君が懐いてくるのは迷惑で仕方ないけど世話係にされてしまい一緒に過ごすようになる。
[受]璃炎は初めて見る“少年”という存在が嬉しくてたまらないから懐くのが可愛いかった!
自分が外を一度見たいという願いを叶えてくれ、花畑で冠を作ったりして遊んでいたら、養父呉丁玄にバレて[攻]耿惺が鞭打ちの刑を受けることになってしまい自分のワガママが側使いの者に多大な迷惑を掛けると身を持って知る。しかし自分は男子だからこのままでいられないのは分かってるんだよね。腐敗した国を自分が皇子としてなんとかしたい、と。
養父呉丁玄もギリギリまで手元で姫君として育てて自分が権力を握った時に[受]璃炎を傀儡として皇帝につかせようと目論んでいたのに、力を持った将軍が現れて呉丁玄がギャフンと言わされたために皇族の姫として[受]璃炎を結婚させようと方針転換!
呉丁玄は[攻]耿惺を奴僕として手元に置いてたのは暗殺者にするため!呉丁玄、おそるべし!

[攻]耿惺も大人しく奴僕として生きていたのはいつか立ち上がるために力の温存。ドラマチック!

二人とも二十歳前後のお年頃。小さい頃から一緒に過ごしてきて淡い初恋が芽生えてて主従関係のために乗り越えてないのよ!
それが、[受]璃炎の将軍への輿入れが決まって呉丁玄の企みを知り[攻]耿惺を自由にしてやるためにキツい言葉で切り離そうとしたら激昂した[攻]耿惺に抱かれ別れる。
将軍からの求愛を伸ばし伸ばしで1年避けてたが、反乱軍が都に押し寄せ遷都すると将軍が決めて[受]璃炎に手を出そうとして薬でエロエロ状態にされてピーンチ!に反乱軍大将になっていた[攻]耿惺に助けられる。

帝国の後継者になりうる人物は皇子の[受]璃炎が妥当なんだけど実は呉丁玄の子供だったんだよね。母親が亡くなった時に子供も亡くなり、呉丁玄が自分の女が生んだ赤ん坊と入れ替えたとか。すごい内容が詰まってたな~。[受]璃炎は表に出たくないから、大将である[攻]耿惺が皇帝になり、どうせ嫌われてるなら将軍と同じことやってやるとばかりに愛する[受]璃炎を皇族の姫として皇后に迎える。名ばかりの皇后と思ったら後宮にやってきて抱こうとして、話をして両想いだと分かってめでたしめでたし。

長い初恋話だったな~。

番外編ペーパーにあるが後継者はどうするんだろね?


end.


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

秘密