2014-01-07 01:05 | カテゴリ:日常雑記
グダグダ雑談!


“ぬくい”って方言なの?


昨日(1月5日)の『シルシルサンデー』の丸亀製麺の影響受けまくって今日(1月6日)丸亀製麺うどんを食べた。その際に「●●(←メニュー)、ぬくいおうどんで」って注文したら、スタッフのおばちゃんが「ぬくい!?」と反応が。「冷たいんじゃなくて温いのを」と再度言ったら「あたたかい方ね」と言って作りながら「ぬくいってどこの言葉?」と聞かれて驚いた~!!

ぬくいはぬくいやん…。

スタッフのおばちゃんはお客さんいてへんから気になったこと話し掛けてきたんだと思うんだけどね。「“冷”と“温”って書いてるから、冷たいおうどんとぬくいおうどんですよね。私、関西出身なんですけど、あたたかいおうどんのことぬくいおうどんって言いますよ」と返事したんだけど、まさか「ぬくい」に引っかかってくるとは思ってもみなかったから本気で驚たよ。

「ぬくい」って関西弁なの?

ちなみにいつも食べる「かしわ天」の「かしわ」は関西の言葉です。「鶏肉」のことね。関東の店舗で「かしわ天」が通じるのも不思議だが、それはメニューにあるからだろね。


私はおろしうどん+かしわ天が好きです。夏に冷たいおろしうどんを食べたから、冬なのでおろしうどんのぬくいおうどんを頼んだんだよ。



「ぬくい」に方言意識はなかったわ~。



☆追記☆
拍手コメント頂いてそうだと思い出しました!
「ぬくい」には2つあるんです。
“暖”の意味の「ぬくい」と、“温”の意味の「ぬくい」。
暖のぬくい→気候の暖かさ、暖房の漢字に使うように体感的な感覚。
温のぬくい→サンズイが付いてる通り、水など液体の温かさ。

私はこの両方に「ぬくい」を使います。



end.

秘密