2014-01-19 18:20 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆プラチナ文庫
◆宮緒葵&乃一ミクロ
『ラスト』(2013年12月発売)

ラスト (プラチナ文庫)ラスト (プラチナ文庫)
(2013/12/12)
宮緒 葵

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
脱出ゲームのテストプレイヤーとなった真人は、妙に親しげな見知らぬ男と元同級生二人と共に、残虐な体験プレイを強いられる。楽しげに二人を嬲り始めた男。彼はかつて二人に虐められ退学してしまった友人・空閑だった。復讐の機会だと言う空閑を、真人は止めようとする。すると空閑は涙ながらに愛を告白しつつも、彼等を助ける代わりとして淫らな“お願い”をしてきて……。
◇◇◇◇◇

宮緒葵さん作品はデビュー以来ずっと追いかけてる。最初の本の感想をアップして以来書いてないなー。いつか書きたいとは思っている。



>>ネタバレ続き★


プログラマー・空閑賢輝(くがたかき)×大学4年生・卯野真人(うのまこと)、という学生時代に同級生だったカップリング。

宮緒葵さん作品なので、[攻]空閑は犬です![受]真人にハアハアしてる犬!エッチシーンも汁だくでドプドプ孕ませ系なので好みが分かれそうだなと宮緒葵さん作品では思う。

私はゲームをしないからゲームに関する内容がピンと来ないがサラッと読めば問題なし。あらすじだけで大体の展開とか予想つくんだよね。その通りです(笑)。

高校時代に巨躯で藤本や菅原のグループに虐められていた[攻]空閑は、大家族で育った長男気質丸出しの好青年[受]真人に優しくしてもらってごく普通の友人のように接して貰ったことから恋心に発展していて、退学したあとは[受]真人に好かれたいがために努力して痩せて自分を虐めた上に[受]真人の可愛がっていた猫を虐殺した藤本たちに復讐しようと人気ゲームのリアル版を企画するなんて恐ろしいなと思った!

藤本たちを助けたいならお願いを聞いてと[攻]空閑に言われ、[受]真人は彼の自分への恋心と復讐したい気持ちが分かるだけに精神的にギリギリだったよね~。最終的には抱かれるわけですが。

総てを[攻]空閑が仕組んでいて[受]真人には一切知られないようにするのは2作目の『悪夢のように幸せな』系のパターンかな?
[攻]空閑は[受]真人の存在に救われ、[受]真人だけしか必要がないと思っている。[受]真人は[攻]空閑に知らず知らずのうちに囲い込れちゃってるんだなぁ。

『ラスト』は作中のゲームのタイトルでリアル版から抜け出せたが、小説のラストで[攻]空閑の内心を書く一文が怖い。“一生続くゲームが始まったばかり”ですって。
ひぃ~、[受]真人ぉ~逃げて~!!と言いたくなりました。



end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村


秘密