2014-04-06 16:59 | カテゴリ:BL漫画・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆キャラC
◆高久尚子
『僕はすべてを知っている3巻』芳林堂書店限定ブロマイド付き(2014年3月発売)

僕はすべてを知っている3 (キャラコミックス)僕はすべてを知っている3 (キャラコミックス)
(2014/03/25)
高久尚子

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★★★
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
包茎医としての進路問題や、歩への片想い――心が千々に乱れて、実習に身が入らない和倉。そんな和倉の指導に悩む金沢の前に、理想の相談相手が現れた!!若くして病院を経営する、遅漏患者の歯科医・加賀だ。診察後の相談をきっかけに、二人は飲みに行くようになり…!?
イケメン眼鏡の医者同士――加賀×金沢編v
◇◇◇◇◇

待ちに待った美チン3巻ですよ!
2巻までで千博×歩は完璧に纏まったので別のカップルへ。予想した通り、遅漏の患者で歯科医の加賀と担当の下半身医師の金沢の話でした!

キャラCは特典がアニメイト版があったりするし、ペーパーがあったりするから情報が揃うまでなかなか予約出来ないと思ってたら、あっさりイラストカードとブロマイドだけでした。
出版社は情報を早く!!良い作品は絶対買うんだからさ。




>>ネタバレ続き★


美チン1巻2巻のメインカップル犀川千博×浅野歩を絡めつつ、3巻の主人公はさいかわクリニックの勤務医の金沢先生に移りました。

2巻で研修生として登場し金沢先生の指導下に入った和倉君を、3巻ではその指導に悩む金沢先生。
和倉君は[攻]千博さん曰わく[受]歩と並ぶ美チンの持ち主。[受]歩が[攻]千博さんが和倉君に心を移すんじゃないかと不安になってEDになったことから和倉君にチ●コ見せて貰って事態をややこしくし、和倉君は[受]歩を好きになったことから研修に身が入らなくなってポカしたりと、金沢先生を悩ますことに。やっかいな研修生を指導するの大変だよな(笑)。

[攻]千博さんは美チンが分かる変わった医師だったけど、金沢先生は指導に悩んだり地に足の着いた人物で1巻2巻とは違った読み応えのある面白さだった。

正直、BL的なラブはどうなるんだろうと心配したよ。1巻2巻では金沢先生の絵が[攻]寄りのような[受]寄りのような、どちらか分からない不安定さ。推定出来ないようにわざとそう描いてたのかもしれないけどさ~。3巻でも和倉君に指導する時や加賀さんの治療する時はキリッと[攻]寄り、加賀さんとアフターファイブを過ごしてる時はふにゃっと[受]寄りかな?

金沢先生と加賀さんがくっついたらいいとは思ってたが、加賀さんは[攻]タイプだし金沢先生も[攻]風だったしリバればいいんじゃない?と思ったがキャラレーベルじゃアウトだよね。

金沢先生が和倉君の指導に悩み、誰か参考になる人はと思った時に浮かんだのが加賀さん。犀川先生に相談したらおおごとになってしまうと思ったんだよね。加賀さんと一緒に酒を飲んで親しくなるけども、金沢先生は何かと犀川先生の話題をふるから加賀さんはヤキモキ妬いちゃってんの気づかないし!加賀さんは[受]歩は諦めて金沢先生を結構意識してるのに、金沢先生は気付いてない。金沢先生は加賀さんと過ごすのが楽しいんだけど、加賀さんは距離を置きたい。読んでる側としてはニヤニヤしましたがなー!!これからが恋愛をしていくんでしょう。早く早く~!!

あらすじには加賀×金沢って書いてるけど金沢先生は[受]に回るのかな?診察室で眠る加賀さんの乳首が綺麗な色とかナデナデしてたよね。[攻]ならば綺麗なままか(笑)。加賀さん遅漏だから金沢先生は身に受けるようになったら大変だろね(笑)。早く続きを読ませて~!!

和倉君の今後は勿論気になる。作中で実家の父親(同じく下半身クリニック)が犀川先生に「他の人にはない素晴らしいものを持っていると真剣な顔で言って来るから私も驚いたんだ」と息子に下半身外科医としての才能を誉められたと喜んでるけどさ、いやいや(笑)、千博さんは和倉君の美チンを誉めたんだよ!と思ったわ(笑)。[受]歩と友達宣言したから今後はどう絡むのか楽しみ。しかし、片想いしてた[受]歩と犀川先生のエッチシーンを見ちゃうなんてツイてない子だね(笑)。


[攻]千博さんは美チンとか言い出さず、外科医の顔してたらめちゃ格好いいんだと思い出せたよ!加賀×金沢になるまでは今後も大人シーン担当なんだろね。もりもり頑張って(笑)。


ほんとどうでもええけど、金沢先生、加賀さん、和倉君は高久尚子さんが石川県に住んでるからそれで命名したんだよね?最初は脇役だったから適当にかなと思った!


早く4巻を読ませて下さい!



end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村


秘密