2014-05-01 23:43 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆キャラ文庫
◆水原とほる&ひなこ
『雪の声が聞こえる』コミコミ特典ペーパー付(2014年4月発売)

雪の声が聞こえる (キャラ文庫 み 3-18)雪の声が聞こえる (キャラ文庫 み 3-18)
(2014/04/26)
水原とほる

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
「幸はずっと俺のものだ…約束だよ?」雪深い田舎町で、皆が憧れる旧家の長男・雅彦。彼が唯一溺愛し甘やかすのは、使用人の孫の幸だ。――いくら弟みたいに可愛がられても、雅彦さんは雲の上の人だから…。雅彦の大学進学を機に、離れようとする幸。けれど、それを知った雅彦の態度が豹変!!「約束したよね、ずっと一緒だって」いつもの優しい微笑のまま、怯える幸の体を強引に開かせて!?
◇◇◇◇◇

水原とほるさんの作品は最初の衝撃(ピアスノベルス)を引きずっていて恐々手にしている。
今回はコミコミ特典ペーパーがあるから発売時に購入したよ。




>>ネタバレ続き★


旧家の跡取り息子・英雅彦×使用人の孫・野沢幸、というカップリング。1歳年上[攻]。


水原とほるさんと言われたら暴力的な[攻]もしくは執着激しい[攻]と非力で流され系な[受]の組み合わせ、雰囲気暗~い作品が多いんだが、今回も執着[攻]と自信なさげな流され[受]の組み合わせでした。
ぶっちゃけ、あんまり好みじゃなかったからサッサと流すように読んじゃったよ。

田舎の旧家で資産家の英(はなぶさ)家の跡取り息子の[攻]雅彦を英家の使用人の孫である[受]幸は兄のように慕っている。しかし[攻]雅彦は[受]幸に暗い執着心を抱いていて、英家の後継者の教育として東京の大学に行くのに[受]幸が自分のものだと確認したくて暴走して無理やり抱いてからギクシャクする。[受]幸の祖父が亡くなり、高校を辞めて働くことになるが親を脅迫するように説得して東京に連れて行ってしまうが[受]幸は[攻]雅彦との関係に悩むんだよね~。

[受]幸は父親が誰か分からず、未婚の母が父親を明かさぬまま亡くなり、祖父は英家の先代に恩があるのでずっと働いているが今の当主のことは良くは思っておらず、当主夫人も息子[攻]雅彦と親しくする[受]幸には辛く接するとなれば…。

[攻]雅彦は異母弟だと[受]幸にほのめかしたことで、[受]幸は禁忌で拒否する気持ちになるが、それが誤解だと分かって恋人関係になる。
[受]幸の母親と[攻]雅彦の父親は恋人だったけど許されない関係だから母親が身を引いて別の男と恋をしてもうけた子供が[受]幸で入籍する前に死亡事故を起こして交通刑務所に入ったので祖父が引き取ったとか。暗い設定だな…。[攻]雅彦の父親は資産家の娘と結婚したが[受]幸が隠し子なんじゃないかとずっと疑っていたからキツく接してたとか。

BLで“兄弟”って、ずっと一緒に暮らせる最大の理由だと喜ぶパターンもあれば、禁忌を恐れるパターンもあるなと思った。[受]幸は後者のパターン。

[攻]雅彦はさ、[受]幸と一緒にいるためならなんでもやると作中で言ってたが、英家の後継者ならもしや結婚もするのか!?と疑いが私の心の中では晴れないんですけど!!


コミコミ特典ペーパーはビッシリと番外編が書かれている。大学が夏休みで帰省した[攻]雅彦と工場が休みで一緒に過ごす話。



end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村



秘密