2014-07-04 01:53 | カテゴリ:BL小説・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆ルビー文庫
◆天野かづき&陸裕千景子
『村人Aは魔王の嫁です。』アニメイト特典イラストカード付き(2014年7月発売)

村人Aは魔王の嫁です。 (角川ルビー文庫)村人Aは魔王の嫁です。 (角川ルビー文庫)
(2014/06/28)
天野 かづき

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
幼馴染みの男に迫られ、人の寄りつかない洞窟に逃げたルネ。ゲームやラノベではただの「村人A」でしかない立ち位置のルネだったが、実は男にモテモテだったという嫌な前世の記憶の持ち主だ。だからこそ普通の日常が今世でのルネの最大の願い。ところが洞窟で何かを壊し、ルネはうっかりフラグを立ててしまう。途端、地震が起きて落石の下に…と思いきや、気付くと真っ黒な髪と瞳をした男に何かを挿入されていて…?転生したら魔王にも勇者にもモテモテな村人Aになりました…。異世界転生ラブ!!
◇◇◇◇◇

天野かづきさんはルビー文庫でデビューしてずっと角川書店に縛られてんだね~。角川の看板漫画家と組んだら余所には行けないんだろなと思ってんだけど実際はどうなんだろう…。




>>ネタバレ続き★


魔王×RPGに喩えたら村人A的な立ち位置のルネ、というカップリング。


ルビー文庫って薄いからあっという間に読めちゃうよね!あんまり感想を書いてないけど、ルビー文庫って買ったらサクサク読んじゃうんだよ。もちろん、天野かづきさん作品は毎回楽しく読んでるよ!感想を書くほどのネタはないから読んだらすぐに段ボール箱の中に収納しちゃうんだけど。ちなみに大好きなルイルイもそのパターン。熱く語りたい好きな作家には熱く感想を書くけど、自分が好きな作家って読んだら収納パターン多いんだよな~。最近はそれじゃダメだ!ブログのネタにせねばと少しでも感想を残すぜ★


天野かづきさんのここんとこファンタジーが続いてるね。[受]が本来死ぬ予定じゃなかったのに間違えて死んじゃったお詫びに神様が異世界に飛ばしたり。
今回の[受]ルネは前世は現代の日本人の記憶があったから自分の容姿など鑑みてRPG的な表現の「村人A」や「フラグ」などの言葉を知っていて使っている。

現在はルネという名前で、幼い頃にこの村に立ち寄った時に母親が亡くなって村長や村人に助けられながら一人で暮らしているが、村長の息子ディールに懸想され、避けるために出来るだけ離れて暮らしていたらディールに結婚話が持ち上がってますますしつこくなり森の中に逃げ込んだら、魔王の封印を解いてしまってその際に落石に当たって死んじゃって魔王から生き返らされてめでたしなんだけどさあ大変、そして――という話。

[受]ルネは凡庸な村人A的なポジション。男に好かれたくないのに前世日本人の時もルネになっても男に迫られて事故死しちゃう気の毒な人だね。
[攻]魔王が復活させてくれた恩人[受]ルネの「死にたくない」を聞いて自分の魔力で生き返らせてくれたけどそれを維持するには[攻]魔王とエッチせなならんのはBLあるある(笑)。[受]ルネは男と付き合う気なんか全然なくて女の子と付き合って結婚してとささやかな夢を見てたのに、生きるために[攻]魔王とエッチせなならんのは皮肉な結果だね。本人も葛藤してるけど快楽に負けるのはBLあるある(笑)。
[攻]魔王には好きな気持ちという概念がないから[受]ルネが可哀想なんだが、徐々に好きだと目覚めていくのが良かったね。

復活した魔王を倒すために乗り込んできた勇者ディールの思い込みというかRPG的に姫@ルネを助ける使命に燃えてますますRPG的に(笑)。
[攻]魔王の側近のパイロープが美形。勇者ディールとのスピンオフなんてないのかな?


特に深い感想はないんだけど手軽に楽しく読める(←誉めてます)から好きな作家さんです。



end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村


秘密