2014-11-04 13:01 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!


◆ルビー文庫
◆真崎ひかる&みなみ遥
『鬼の求婚~桃太郎の受難~』(2014年11月発売)

鬼の求婚 ~桃太郎の受難~ (角川ルビー文庫)鬼の求婚 ~桃太郎の受難~ (角川ルビー文庫)
(2014/10/31)
真崎 ひかる

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
桃太郎の末裔である桃瀬一族の御曹司・柊は、家の財政難を救うために鬼が島の財宝探しを決意する。しかしその矢先、父親が鬼の末裔・鬼柳家の資金を持ち逃げし、柊は島に居合わせた鬼柳家三男の藤司に人質として軟禁されてしまう。虎柄パンツを穿かせてきたり、何かと嫌みを言いつつも、意外に面倒見の良い藤司に、鬼の一族というだけで彼を嫌っていたことに気付く柊。互いに打ち解け始めたある日、柊が内緒で家に助けを求めたことを知った途端、藤司の態度が豹変して…!?
◇◇◇◇◇

真崎ひかるさんの初ルビー文庫。ルビー文庫は自社小説賞の受賞新人とそれ出身囲い込みと既に他社でたくさん発行してる中堅ベテランの作品を発行する場になってるね。



>>ネタバレ続き★


鬼の末裔の鬼柳家三男・鬼柳藤司(23)×桃太郎の末裔の桃瀬家御曹司・桃瀬柊(20)、というカップリング。

真崎ひかるさんの作品って私は当たり外れがあるんだよね。今回はおとぎ話の桃太郎と鬼の末裔を持ってきて恋愛を絡めて描いてるが微妙だったかな~。

同じように土地を所有する名家であったのに現代に於いては先見の明があった鬼柳家は世界的リゾート企業になってて、桃瀬家は田舎の山林や土地を持って国内で不動産やリゾート会社を運営してなんとかやりくりしているという差が出来てしまっている。そんな時、家が困っているのを知った[受]柊が鬼の島のお宝伝説を思い出して実行しようとした矢先に[攻]藤司に捕らえられて桃瀬家当主が鬼柳家のお金を持ち逃げ疑惑が発生して[受]柊は人質に。それであれやこれやあって心が近づくが[攻]藤司には婚約者がいて好きになってはいけないんだとかなんやかんやあって、[受]柊が忘れていた幼い頃の記憶を少し取り戻して、その記憶ってのが指輪でプロポーズで再びプロポーズされてめでたしめでたし。
お金を持ち逃げ疑惑もそういう事実はなく事業提携をするために仕組まれた話だったが[受]柊だけ知らされてないオチ(笑)。

桃太郎なので、犬・雉・猿のお供がいるが、現代なので桃瀬家に仕える側近の家系。
犬→犬飼剣太郎は体格が良く、[受]柊と同い年(20歳)で使用人の息子で兄弟みたいな幼なじみ。
雉→雉鳥智哉は[受]柊より一回り年上で名門大学を卒業して桃瀬家の事業に携わっている。“落ち着いた響きの男の声”と描かれてるから[攻]タイプかな。
猿→猿渡圭一は28歳で桃瀬家の事業の国内外の渉外担当。美人[受]タイプなのかな?
みんな先祖のしがらみに関係なく[受]柊を慕っていて接近する女の子を蹴散らしてきたみたいだが[受]柊に惚れてる訳ではなさそうなのが勿体ないかな。キャラクターはたくさんいるのに活かしきれなかったんじゃないかと思った。


end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

秘密