2014-12-18 02:04 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆クロスN
◆華藤えれな&yoco
『銀狼の婚淫』SSペーパー+コミコミ特典小冊子付き(2014年12月発売)

銀狼の婚淫 (クロスノベルス)銀狼の婚淫 (クロスノベルス)
(2014/12/10)
華藤 えれな

商品詳細を見る


ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
“私に必要なのは介護ではなく、花嫁だ”
銀狼に助けられた事しか幼い頃の記憶を持たない孤児の愛生(あい)は、古城に住む孤独な金持ちを介護するため、ボヘミアの守りにやってきた。老人だと思い込んでいた愛生の前に現れたのは、事故の後遺症で隻眼、片足に不自由が残る美貌の侯爵・ルドルフだった。城を囲む広大な森で狼を保護している彼なら、あの銀狼を知っているかもと期待に胸を膨らます愛生。だが淫らな婚姻を結び、子を孕める花嫁以外は城には入れないと言われーー!?
◇◇◇◇◇

今月2冊目の華藤えれなさんの新刊。
クロスNの装丁が美しいんだけど!帯もすっごい素敵なんだけどさ、なんで?どうしたの?



>>ネタバレ続き★

銀狼で侯爵のルドルフ×孤児で施設育ちの川崎愛生、というカップリング。

あー、打っていたのに消えた!くっそー。あと少し、〆の言葉で完成だったのに。パソコンでブログを作成するとこういうことが発生するから困る。もう打つ気がしない。

この作品って[受]愛生の粘り勝ちというかガッツがあったからこそ[攻]ルドルフの呪いが解けたんだな。親の敵、仲間の敵という相容れない関係の2人。両親が事故死して1人生き残った[受]愛生の面倒をみて懐かれてでも手放して再び出会って、[攻]ルドルフは複雑な気持ちながらも[受]愛生を愛しているからこそ受け入れられない葛藤。嫌がられても[受]愛生の空気読まないぐらいのガッツがあればこそだよな。
最近、獣姿でエッチは編集部は容認してんだな。呪いを解くにはそれを受け入れられるぐらいの愛がなきゃあかんということなんだけどさ。

おの作品を読んで既視感あったんだよね。かわい有美子さんのSHYノベルスも狼の外国人攻めと日本人だったよな。舞台は日本だけど。実は私、かわい有美子さんと華藤えれなさんがごっちゃになる時がある!

ペーパーは[攻]ルドルフ視点で、[攻]ルドルフが幼い[受]愛生を保護して、名前を藍から愛生に命名しなおした話。
コミコミ特典小冊子は[攻]ルドルフ視点で、[受]愛生を保護した10歳の頃のプラハでのクリスマスの思い出に思いを馳せ、現在の[受]愛生とクリスマスを過ごしてるが記憶がないはずの[受]愛生が当時のクリスマスの約束を思い出したみたいでちょっと嬉しいという話。
[攻]ルドルフは口ではキツイことばっか言ってるけど、心の中では[受]愛生を可愛がっていたlことが読めてニヤニヤするわ。幼いころの[受]愛生の[攻]ルドルフへの慕いっぷりが可愛いのなんの!!たまりませーん(ニヤ)。

end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村



秘密