2015-01-09 01:39 | カテゴリ:BL小説・作家ナ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リンクスロマンス
◆名倉和希&千川夏味
『恋する花嫁候補』(2014年12月発売)コミコミ特典ペーパー付き

恋する花嫁候補 (リンクスロマンス)恋する花嫁候補 (リンクスロマンス)
(2014/12/29)
名倉 和希

商品詳細を見る


-私の評価-
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
両親を事故で亡くした十八歳の春己は、大学進学を諦めビル清掃の仕事に就いて懸命に生きていた。唯一の心の支えは、清掃に入る大会社のビルで時折見かける社長の波多野だった。住む世界が違うと分かりながらも、春己は紳士で誠実な彼に惹かれていく。そんなある日、世話になっている親戚夫妻から、ゲイだと公言しているという会社社長の花嫁候補に推薦される。恩返しになるならとその話を受けようとしていた春己だが、実はその相手が春己の想い人・波多野秀人だと分かり…!?
◇◇◇◇◇

年末にコミコミが届いて開封してそのまま読んだのでした~。だからリンクスの感想が続きます。
冬コミで名倉さんのサークルは落選(手続きミスらしい)されて同人誌読めなくてさびしかったよ。



>>ネタバレ続き★

会社社長波多野秀人(30)×元清掃員加納(小杉)春己(18)、というカップリング。

両親を亡くした[受]春己は大学進学を諦めて清掃会社で働いていたら担当するビルの嫌なサラリーマンからかばってくれたのがその会社のグループ企業総帥である社長[攻]秀人で、ゲイである[受]春己は憧れ好きになる。そこに、自分を引き取ってくれ恩人の加納の頼みでゲイを公言してる社長の花嫁候補として向かうと、それが憧れの[攻]秀人だったと。

[攻]秀人はお見合いを勧められるのが鬱陶しくて暫く遠ざけるためにゲイだと嘘をついたら、求めていたのは年の離れた弟の話し相手なのに自分のために男性のお見合い写真が寄せられて勘弁してくれ状態。そんあこととはつゆ知らず、花嫁候補として好きになってもらえるように尽くそうと頑張る[受]春己に対して、[攻]秀人が絆された感じかな。ゲイじゃないのに、健気で[受]春己の邪魔にならない癒し効果でだんだん好きになり、[受]春己が加納に騙され利用されてることを知らないのがかわいそうで、ピンチに助けてくれて、恋人に。
加納、マジひでぇ人間だった。[受]春己を養子縁組手続きなんかしてないんだよ。親戚のおじさんの子供になったと思っていたのに。
最近の名倉さん作品の[攻]は絶倫な気がする(笑)。今回の[攻]秀人ももれなく!エッチシーンは最後の方にしか出てこないのにねちっこい(笑)。

コミコミ特典ペーパーは、[受]春己と恋人になってから初めての温泉旅行を[攻]秀人が予約したら、弟章人が邪魔しようとするのを阻止したいのに[受]春己は章人の嘘泣きとかかわい子ぶりっ子とか知らないから騙されて一緒に行きましょうと言い出したりで[攻]秀人が結構カワイソウな(笑)。しかし執事吉川が救ってくれて、という話。

名倉さんの作品で言えるのは、波多野家の執事・吉川と[攻]秀人の年の離れた弟の高校生の章人が同人誌でカップルとして登場しそう(吉川×章人)だな。いや、する。するに違いない。そのパターン多いんだもの。作家としてはスピンオフの発注があれば嬉しいんだろうけどなかなか難しいよね。
執事吉川が某櫻井くんがドラマでやっていたような某執事に似ているような。

end.
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
秘密