2015-04-17 17:48 | カテゴリ:BL小説・作家タ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆新書館Dear+文庫
◆鳥谷しず
『流れ星ふる恋がふる』大槻ミゥ(2011年6月発売)
『恋の花ひらくとき』香坂あきほ(2012年3月発売)
『恋色ミュージアム』みずかねりょう(2012年12月発売)
『新世界恋愛革命』周防佑未(2013年3月発売)
新世界恋愛革命 (ディアプラス文庫)新世界恋愛革命 (ディアプラス文庫)
(2013/03/09)
鳥谷 しず

商品詳細を見る

『神の庭で恋萌ゆる』宝井さき(2013年10月発売)
『その兄弟、恋愛不全』Ciel(2014年5月発売)
その兄弟、恋愛不全 (ディアプラス文庫)その兄弟、恋愛不全 (ディアプラス文庫)
(2014/05/09)
鳥谷 しず

商品詳細を見る

『契約に咲く花は』ペーパー付き/斑目ヒロ(2015年3月)

ー私の評価ー
好み度/★★★★★
エロ度/★★★★★

◇◇◇◇◇

Dear+文庫の全サ小冊子で『新世界恋愛革命』の番外編を読んでから“Dear+文庫”の鳥谷しずさんに激ハマり!丁度東京に出たのでいくつかの書店で探しましたよ~。



>>ネタバレ続き★


たくさんあるので個別には感想は残さず(メンドクサイ!)、ザクッと記録程度にだけ。
鳥谷しずさんの作品は、基本的に変態というかフェチというかそういう属性が甚だしくて読んでて面白かった。特に[攻]が顕著に振り切ってると最高でした!


※発行順に並べました

『流れ星ふる恋がふる』
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆
後輩・藤ヶ森明義×警部・篠宮密
→しまった!これ、発売頃に買ってるぞ。段ボール箱のどこかにあるはず……。
[受]篠宮が世話焼きタイプで寮のお母さんとして頼られてる。
[攻]藤ヶ森は神主の資格を持ってる。ピンクの乳首フェチあんまり変態ではなかった。


『恋の花ひらくとき』
好み度/★★★☆
エロ度/★★★★☆
元裁判官の花屋・海棠×司法書士・南雲恵
→ツンツンの[受]恵が柔らかくなってくるのは面白かった。[攻]海棠は[受]恵を好き過ぎて花の精とか例えたり花冠を作ったり、冷静に考えたらサムい人でした(笑)。そして絶倫(笑)。


『恋色ミュージアム』
好み度/★☆☆☆☆
エロ度/★★★★☆
大企業の御曹司で私立美術館館長・柚原×学芸員・群竹征哉
→[受]征哉が尻フェチでした![攻]柚原が腹黒で[受]征哉に辛くあたったりするからあんまり好みじゃなかったな~。私は[攻]が残念な変態が好みのようです。


『新世界恋愛革命』
好み度/★★★★★
エロ度/★★★★★
部下・エルフォード治隆×警部補・真壁尚紀
→[攻]エルフォードのストッキングを穿いた脚フェチ、それを破りたい変態ぶりに参った(笑)![受]尚紀は[攻]エルフォードが嫌いだったんだが、一緒に捜査にあたるにつれ好きに。恋人になってからは[攻]エルフォードのたっての頼みでウェディングドレスにパンストに破りやすい下着、よく付き合ってやるよなぁ。爆笑だがニヤニヤしながら読みました。


『神の庭で恋萌ゆる』
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★★☆
製薬会社御曹司で研究者・犀川×神職・真木綾人
→叔父の借金を払うのに[攻]犀川にお金を借り、代わりに性奴隷にと二人は関係を持つが、[攻]犀川は[受]綾人に一目惚れなのでそんなつもりはなく。借金返し終えて[受]綾人からの逆プロポーズは良かったよ。[攻]犀川が[受]綾人のブツにゴムを被せるのがマニアックだったり精液を眺めての表現が変態だったり、愉快でした(笑)。


『その兄弟、恋愛不全』
好み度/★★★★★
エロ度/★★★★☆
義弟で外科医・智佳×心療内科医・真紘
→親の再婚で義兄弟に。他に年の離れた兄が二人いて、初めて会った時から[攻]智佳は[受]真紘に夢中で[受]真紘も好きなんだが通じてなかった。
[受]真紘が密にEDに悩んでいたのを外科医の[攻]智佳が診察治療という名のエッチな治療(笑)。
想いが通じて実家離れに同棲するようになってからの長男や兄嫁との番外編が面白かった。あ、家族公認ですよ。
[攻]智佳は洗濯物から[受]真紘のパンツを盗んであれこれしてた変態でした!間違えて兄のパンツを盗んでしまったが何か違うと感じて使用せず(笑)。野生のカン(笑)。


『契約に咲く花は』
好み度/★☆☆☆☆
エロ度/★★★☆☆
華道家・三藤×市役所職員・雪平
→[受]雪平が従弟・英に誘われ出席したあんまり気が進まない御曹司パーティーで[攻]三藤の衣装を汚してしまい、その代償に関係を持つが、私は[攻]三藤がイマイチ好きになれんかったな~。イラストが斑目ヒロさんで余り好みじゃないから余計にそう感じるのかもしれない。[攻]キャラが冷血な感じがしてさ~。



鳥谷しずさん作品で私が好むのは、[攻]が[受]に夢中で、しかも[攻]が弾けた変態やフェチな場合だなと分かった。
『新世界恋愛革命』
『その兄弟、恋愛不全』
『神の庭で恋萌ゆる』
『恋の花ひらくとき』
が面白かった!


end.

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
秘密