2015-05-07 08:47 | カテゴリ:BL小説・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ハーレクイン・ラブシック
◆英田サキ(原著者エラステス)&えすとえむ
『くぐもったドラム』イラストカード+コミコミ特典イラストカード付き(2015年4月発売)



ー私の評価ー
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
軍隊での同性愛は身の破滅――マティアス中尉は、上官ルドルフ大尉と除隊し、共に生きることを誓いあった。だが予期せぬ運命の嵐がふたりを襲う。落馬したルドルフが記憶喪失となり、愛を交わした二年間を忘れてしまったのだ。ルドルフの軍服の胸ポケットには捨てたはずの妻の写真が納まり、しかもベルリンに“男の恋人”がいると打ち明けられ、ベッドでも手酷く拒まれてしまう。自分は弄ばれただけなのか。何が真実かわからず、強い猜疑心が芽生えてもなお募る愛しさに、マティアスの心は引き裂かれる……忘れ去られた青年の、痛く、切ない愛。M/M(メール/メール)小説の衝撃作を英田サキがBL超訳で綴る!
◇◇◇◇◇


昨年からハーレクインからBL新書が創刊されたのは知っていたが、買ったことはなかった。


>>ネタバレ続き★


ルドルフ大尉×マティアス中尉、というカップリング。

ハーレクイン・ラブシックが、海外作品の翻訳されたものを人気BL小説家が超訳するものと、昔の作品の復刊の2パターンあるのは知っていたが買ったことも読んだこともなかった。4月発売分は2冊とも気になったから買いました。鹿住槇さんの方は過去の作品の復刊。こちらは英田サキさんが担当だから気になった。

キリスト教世界なので男性同士の恋愛は禁忌、[攻]が既婚者、軍人同士で上司と部下だが意見が言える関係、[攻]が記憶喪失になってしまう、自分以外に恋人がいた?、と盛られてるがどうもハマれない作品でした。
英田サキさんとはいえ原著者がいるを作品だからなのかな?
読んだよ、という記録だけにしとく。


[攻]ルドルフの結婚は愛しあってではなく友情的な感じで奥さんが体が弱くてカタチだけ。奥さんも旦那が男性好きなの知ってたみたいな。[受]マティアスが旦那を支えてるのを知ってたみたい。
軍から離れたのを世間には知られたくないみたいで、[受]マティアスが去って仕事に就くのは大変で港湾荷役の肉体労働を。
日本のいわゆるBL作品と海外作家のM/M(←この表現を初めて知った!)作品は雰囲気が違うんかな?


end. 
秘密