2015-05-10 01:21 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆愁堂れな&高星麻子
『小鳥の巣には謎がある』(2015年2月発売)



ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★☆☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
日本有数のVIPの子息のみが集う全寮制の学校・修路学園――。高校二年の笹本悠李は、実は、ある生徒の自殺の原因について、潜入捜査するため編入してきた二十六歳の警視庁刑事部捜査一課刑事。捜査を始めた悠李は、「不良」と恐れられている岡田昴と出会う。岡田とともに学園の「闇」を目の当たりにする悠李。そして次第に惹かれあう悠李と岡田は……。
◇◇◇◇◇

2月発売日の時はスルーしたが気にはなってたので4月にコナン映画を見に行った際に大きな本屋で見つけて購入。


>>ネタバレ続き★


高校3年生・岡田昴(18歳)×高校2年生として潜入捜査してる警視庁の刑事の巡査部長・笹本悠李(ささもとゆうき/26歳)、というカップリング。


愁堂れなさんは多作だからもう少しペース落としてゆっくり練ればいいのにと毎回言ってる気がするが、今回は良かったと思う。
お金持ちの子弟のための全寮制私立男子高校が舞台なのはBL的にはオイシイよね~!
匂わすような元ネタがあんの?大御所漫画家の昔の作品に設定や名前とか似てるんだよね?実は私はその漫画は中身を知らないから影響されずに愁堂れなさんお得意の2時間サスペンスBLを楽しめたよ。

26歳の刑事が高校2年生に見えるって[受]キャラの定番だな![受]悠李は事件の捜査のために全寮制私立高校に潜入。そこで同室のエリこと襟川透と親しくなって学校内のあれこれを仕入れたり、生徒会長の才門霧人から目を掛けられたり、生徒たちから怖がられる“不良”の[攻]岡田先輩と反発したり構われたりで近付き、事件の真相が分かって解決に進む。

ツッコミたいことはいろいろあるが、エチシーンが巻末にちょろっとなのまナゼなんだ?解決の際に[受]悠李が刑事と分かり、半年後に[攻]岡田昴が[受]悠李に会いに行って告白して嫌いではないことは確認して友達からたうことで交際が始まったのかな?そこらへんサクッと省かれて[攻]岡田昴が東大卒業して警察キャリアになることが決まった報告してエッチ始めたが、二十歳になって初合体した時の描写が読みたいんだけど!エッチ度★1つにしたが半分ぐらいの気持ちよ。

他にツッコミたいのは、生徒会長才門霧人が暴走していたのは、父親の愛情を独り占めしたいのに異母弟[攻]岡田昴がいたからなのかな。
性関係には加わってないみたいだが、背が高くて長髪だから美人[受]タイプ。しかしこのご時世にあんな長髪はナイやろ(笑)。
自殺事件の生徒はエリを好きなことを隠したくて売春をさせられてたみたいだからエリって[攻]タイプなのかと思いきや、めっちゃ[受]タイプ。百合かよ!
イラストが高星麻子さんだから[攻]なのか美人[受]なのかよく見ないと分からない時があるんだよな~。[受]悠李は表紙見たら[攻]なのかなと思ってたが美人[受]のようだし。


[攻]岡田昴は誰も自分に関わって来ないのが寂しかったところを、[受]悠李がガツンと叱ってきたり逃げてはダメだと諭したりしてくれて惚れたみたいだが、[受]悠李が8歳も年下の[攻]岡田昴を好きになるのはよく分からんね。絆されたのか?
サラッと読める作品でした。


end.
秘密