2015-05-17 03:25 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆松幸かほ&鈴倉温
『恋する猫はお昼寝中』コミコミ特典小冊子付き(2015年4月発売)



ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
おっとり天然さんな大学生・光希は、二十歳の誕生日に、父親の勤務先の御曹司・遼一から告白される。幼い頃から可愛がってくれた大好きなお兄ちゃんとのギクシャクした関係に耐えられず、親愛と恋愛の違いもわからないまま彼とのお付き合いをはじめた光希。でも、遼一を意識するようになった光希は、彼といるとドキドキが止まらなくなって……!?
◇◇◇◇◇

松幸かほさんの新刊は最近は作家買いしなくなったからあらすじが微妙くさくてスルーしようかと思ってたが、コミコミ特典小冊子が付くので買うことにした。





>>ネタバレ続き★


大会社の御曹司でその会社の若き部長・鳴海遼一(28歳)×大学生・上林光希(20歳)、というカップリング。


一番気になったのはタイトルとあらすじだよ!実際に読んでみると外側と中身に差があってなんかしっくりこないの。

自分の読み込みが浅いせいだろうけど、タイトル『恋する猫はお昼寝中』の意味がピンとこないんですけど。[受]光希は「恋する猫」なの?[受]光希は[攻]遼一を兄のように慕ってるだけで、恋してるのは[攻]遼一だからタイトルがピンとこないな~。[攻]遼一から二十歳をキッカケに告白されて今まで通りに付き合ってるが[攻]遼一となんでも言い合える同級生の女性が登場してから恋を意識し始めたから「恋する猫」ってつけたの?
あと、[受]光希はのんびりしてる性格だから「お昼寝中」なの?なんかピンとこないんだわ~。

あらすじもピンとこないんだわ。「ギクシャクとした関係に耐えられず受け入れた」って[受]光希が計算働いてるみたいな印象を受けるんだよな。腹黒い[受]なのかなと思って予約を躊躇ったんだよね。大人で狙ったものは逃さないタイプの[攻]遼一に幼い頃から大事にされまくってて囲い込まれて知らず知らずのうちに恋人という状況に持ってかれた感じだよ?
もう少し違うタイトルとあらすじをつければ良かったのにねと思った。

恋人になったら[攻]遼一の父親が障害でした。優秀な跡取り息子が[受]光希を恋人にしたのが不満で判れさせようとするがやっとそこで[受]光希の「恋する猫」感が出てた気がする。父親がなにをしようと[攻]遼一ははね除ける強さがあって良かった![受]光希と一緒に生きたいから家を捨てると。
だけどさ~、[攻]遼一の父親って息子の同級生の女性と関係を持つってどうなのさ?恋愛だから年の差もありだけど、彼女が妊娠しても後継者問題がややこしくなるから産まないで欲しいと言うなんて酷いね。彼女はシングルマザーの道を選ぼうとしてたのを[攻]遼一が後継者問題にカタがつくなら自分の子供として認知しようと考えてたみたいで、結局は父親と彼女は結婚して産まれてくる子供が成長するまでは自分が後継者として立つらしい。父親がイヤな感じだったな~。

[攻]遼一がなんで[受]光希が好きなのかもちゃんと描かれているから面白く読めた。


コミコミ特典小冊子は、[受]光希が[攻]遼一のためにポーチドエッグを作るのに自宅で弟にムリヤリ食べさせて練習したのに、[攻]遼一宅のキッチンの勝手が違うためにピンチ!失敗作も全て食べる[攻]遼一の愛に弟感動!みたいな話。


end.

秘密