2015-06-04 02:32 | カテゴリ:BL小説・作家タ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆LiLiK文庫
◆橘かおる&宝井さき
『軍服の麗人』ペーパー付き(2015年5月発売)



ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
自分をつけ狙う上官の罠に嵌められた少将・那岐。相手の要求どおり身体を差し出すことを決めた夜、閨に忍んできたのは年上の副官・エドアルドとニコライだった。あなたを他の誰にも渡したくない――強引さとは裏腹に、切実な声音で自分を求める二人。那岐もまた、士官学校時代から気にかけていた彼らに絆され、その関係を受け入れる。二人の協力を得て卑劣な上官を退け、満ち足りた日々を過ごす那岐だが、新たな事件が…!?
◇◇◇◇◇

最近ちょいちょい橘かおるさん新刊は吟味してからの購入なんだよな~。砂漠シリーズは好きなんだけどね。

>>ネタバレ続き★


副官のエドアルド・ショーロフ大佐&ニコライ・アナトーリ大佐(29歳)×那岐・コンスタンティン司令官(27歳)、という攻2×受1のカップリング。

年上の部下二人と年下の上官という下剋上3Pですが、ぜーんぜんエロエロではなかった!どちらかというと、お仕事(?)がメインなのかな?
[受]那岐はシレジアの名門コンスタンティン公爵家の嗣子だが父親である公爵が日本にやってきた時に伯爵の姫君を見初めて結婚して生まれた子供のため常に差別的な目でみられていたのを持ち前の気力でかわしてきた。
しかし、士官学校を出て軍人となってから、コンスタンティン公爵家とは政敵のボリス・オネギン元帥に目をつけられ遠方に派遣されるわ何事も邪魔をされとうとうカラダまで狙われるようになったところを、副官である[攻]二人が[受]那岐を元帥に渡したくないため二人で共謀して抱き、それから[受]那岐のために難を払い体を張ったりして信頼を得て恋人になるという話だった。

[攻]二人は士官学校時代から美貌の後輩である[受]那岐を好きで、貴族の次男以下なので嗣子の[受]那岐とは卒業後の進路が違うのに己の実力で[受]那岐の元にやってきた(那岐が元帥のせいで遠方にやられたから叶ったのもある)ライバル。いつかは出し抜きたいが[受]那岐は二人ともを好きだから甘んじて受け入れるみたいな?
[攻]二人は策士で二人がいなかったら[受]那岐は元帥にヤられてただろな~。

とにかく元帥が酷いヤツで、[受]那岐に罠ばっか仕掛けてさ。軍のトップなのに何をやってんのさ。[攻]が元帥の親戚だから[受]那岐はなかなか心を許さない。[攻]は元帥の味方のフリして分からないように[受]那岐を助ける。軍を立て直す方法とか面白かったな。

公爵が息子[受]那岐と副官[攻]たちが仲良くしてるホントの関係知ってんだろか?公爵家の嗣子なのに、嫁を迎えないよ?
公爵家どうなんの?が気になって仕方ない。

ペーパーは、正直あってもなくてもいいような内容だった(スミマセン!)。[攻]二人が最初に[受]那岐を抱くことを決行する前の相談というか会話。


end.

秘密