2015-06-08 01:24 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆愁堂れな&陸裕千景子
『罪な抱擁』コミコミ特典イラストカード付き(2015年5月発売)



ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
警視庁警視・高梨良平と商社勤務の田宮吾郎は高梨の官舎で相変わらず幸せな毎日を送っている。ある日、田宮は同僚から、同期・花村がはまっている占い師のことで相談を受ける。企業トップや芸能人を顧客に持つその占い師・星影妃香のもとへアランの伝手でともに出向く田宮。翌日、高梨から田宮へ「星影妃香が殺された」との連絡が入り……!?
◇◇◇◇◇

愁堂れなさんのデビュー作品がレーベル変わって続いてもう16巻ですって。すごいね~。
今回は発売延期延期でやっと発売されが、どちらの都合だったんだ?絵師さんかな?愁堂れなさんは書くの早いし、次の発売も決まってたもんね。陸裕千景子さんも人気絵師だから忙しそうだしね~。読めたらいいから別に発売延期でも構わないよ!




>>ネタバレ続き★


警視庁警視・高梨良平(32か34歳)×会社員・田宮吾郎(30歳)、というカップリング。

好きなシリーズでサラッと読んでいつも片付けてるんだがせっかく新刊だし感想を書くか~!と思ってちょっと自分のブログのサ行作家をチェックしたら……私めっちゃ愁堂れなさん書いてるね(笑)。どんだけ好きなの?大抵は内容辛口だけど。

シリーズ16冊目。出来上がり済みの二人がというか[受]ごろちゃんが2時間サスペンスの主人公のように事件に巻き込まれて、そこに警察として現れるのが恋人[攻]良平、というお決まりのパターン。
事件モノでネタバレはさすがにあかんやろうからそこはスルーするとして、今回は[受]ごろちゃんと同僚アランが関わった女性占い師・星影妃香が殺されて、[攻]良平が登場し他にも殺人が起きて事件解決にアランが噛んだりなんやかんやで解決するという話。事件内容展開は面白かったです。

最近は、[受]ごろちゃんのことを好きな後輩富岡に片想いしてアプローチしまくるアランを邪険にする富岡の図が幅を利かせてるかな?正直、私はこのアランがイヤでイヤでたまらないんだよね。
私はまず[攻]キャラに迫る[攻]キャラという存在が苦手。[受]キャラに迫る[攻]キャラは恋人[攻]キャラがヤキモチ妬いたり追い払うなどで楽しめるんだけどね。
アランはアメリカの大企業の御曹司で財力があり富岡の監視とか周りの買収とかやること半端ないんだが、富岡の気持ちを全く無視してんのが許しがたい。罪シリーズにスピンオフがないからもしかして富岡が絆されるのかなと想像したが、こんな男には絆されて欲しくないんだよね。富岡は貫いて欲しい。富岡が[受]ごろちゃんに「男に抱かれる気持ち」なんぞ尋ねたからドキドキしたよ。富岡は逃げ切れ!
ま、長いシリーズだから何か無いと読者が飽きるよね。愁堂れなさんはもう1つの淫らシリーズでも[攻]に迫る[攻]を出してきてるからそういうのが好きなんだろね。

次巻はいつになるのか分からないが、[攻]良平のお姉さんの離婚問題が出てくるのかな?
今回登場した俳優に「間もなく試練が訪れる」と予言されてたがこれも関係あるのかしら?ワクワクするよ。


シリーズ読み返したくて、全巻捜しまくったよ(笑)。


end.

秘密