2015-06-10 00:56 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆愁堂れな&陸裕千景子
1『罪なくちづけ』(2010年7月発売)
2『罪な約束』(2010年10月発売)
3『罪な悪戯』(2012年12月発売)
4『罪な宿命』(2013年10月発売)
5『罪な復讐』(2014年1月発売)
6『罪な告白』(2007年7月発売)
7『罪な愛情』(2007年11月発売)
8『罪な回想』(2008年8月発売)
9『罪な後悔』(2008年11月発売)
10『罪な執着』(2009年7月発売)
11『罪な沈黙』(2009年11月発売)
12『罪な裏切り』(2011年7月発売)
13『罪な片恋』(2012年1月発売)
14『罪な輪郭』(2013年2月発売)
15『罪な友愛』(2014年2月発売)
16『罪な抱擁』(2015年5月発売)

※5冊目までは倒産した旧アイノベルズ(旧リーフノベルズの黒い方)で発行されていた。ドラマCD化もされていた。

ー私の評価ー
好み度/★★★★★
エロ度/★★★★☆

◇◇◇◇◇

新刊が発売されたので既刊を読みたくなり、段ボール箱から引っ張り出して捜しまくったよ。
読み返したし、せっかくなので登場人物をメモったのを残しておく。



>>ネタバレ続き★


警視庁警視・高梨良平(30→32歳)×商社マン・田宮吾郎(28→30歳)、というカップリング。16冊目時点で交際2年。

同僚であり大学時代からの親友・里見が[受]ごろちゃんにずっと片想いをしていて拗らせて殺人事件を起こして[受]ごろちゃんに罪を被せた挙げ句に[受]ごろちゃんを犯して自殺してしまう。この事件をきっかけに担当刑事の警視[攻]良平と交際・同棲することになる。
このシリーズは登場人物が魅力的で、2時間サスペンスを見ているようなドキドキ感もあり、ドラマとして面白いから新刊を毎回楽しみにしている。


◆[受]田宮吾郎関係

*里見→大学時代からの親友(心友)。里見には酷い目に遭わされたのに、好条件で退職を勧められたのを断りそのまま勤務。墓参りにいくぐらい相変わらず親友扱い。

*富岡(28歳)→身長180ぐらいで[攻]タイプ。イケメンの元合コンキングの異名を持っていたが[受]田宮に惚れてからは返上、[攻]良平がいてもしつこいぐらいに迫りまくるが里見の事件を正確に知ってからは「友情」を築きたいと。アランに迫られ悩まされている。

*アラン・セネット(25歳)→身長185ぐらいで超[攻]タイプ。アメリカの大企業の御曹司で、FBで富岡に一目惚れして日本にムリヤリやってきて財力や権力を使いまくって富岡を落とそうとしている。

*杉本先輩→[受]田宮や富岡の課の良き先輩
*西村さん→秘書課で富岡の同期の美人さん。富岡に惚れてる?


◆[攻]高梨良平関係

*金岡課長→上司
*竹中&山田→部下
*納刑事→通称サメちゃん、新宿署で同い年で気が合う
*橋本刑事→サメちゃんの部下
*ミトモ→2丁目でバー経営の情報屋。淫らシリーズにも登場。

*栖原アキ先生→監察医。身長180以上、長髪、[攻]タイプで可愛い子好きで節操ナシ。
*井上→有能な鑑識係。良平狙いの[受]タイプ?

*雪下→元同僚刑事で今は調査員。良平の友人。[攻]タイプ。
*青柳探偵事務所
 青柳→身長180美丈夫。[攻]タイプ?
 高太郎→助手。ガタイ良い[受]タイプ?

*武内検事(30歳)→良平に憧れている大学時代の後輩。[受]タイプ。ヤクザ若頭・矢神が幼馴染みで犯された過去が。矢神は武内を好きで良平に嫉妬している。

*海堂警部→神奈川県警刑事課長。40前半で身長185以上の隠れゲイで良平狙いの超[攻]タイプ。柔道剣道5段で3段の良平より体力的にも勝る。


◆家族
[受]吾郎→義母、義弟俊美、故義兄和美

[攻]良平→故父、母、15歳上の兄康嗣、13歳上の姉美緒、11歳上の姉さつき、とそれぞれの家族。


だいたいこんな登場人物。
あとがきによると、青柳探偵事務所はシリーズ内で明かしてくれるらしいが今のとこは書かれてない。
矢神と武内検事のスピンオフも書くかもしれないらしいが今のとこはまだ。

ゆっくりでいいからシリーズ新作を読みたい。陸裕千景子さんの漫画も収録されてると嬉しい。


end.
秘密