2015-07-06 12:17 | カテゴリ:BL漫画・作家ハ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆花音C
◆藤崎こう
『獣のマーキング』ペーパー+コミコミ特典イラストカード付き(2015年6月発売)



ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★★★

◇(あらすじ転載)◇
次期社長としてビジネスのノウハウを学ぶため、単身渡米している 大企業藤堂グループの御曹司・一輝。 彼を待ち続ける教育係で恋人の西條千春は、 日本でおとなしくしているハズもなく、ビジネスにかこつけて 一輝を抱きにアメリカまでやって来た!!
まるで慟哭が聞こえる!!「獣」プレイで愛を交わす、 大人気★オス度No.1BL「獣シリーズ」描き下ろし入り。
◇◇◇◇◇

獣シリーズの新刊で久々のメインカップルの千春×一輝の出番です。
藤崎こうさんの作品はリブレBBCの単発より花音Cの獣シリーズが好きです。



>>ネタバレ続き★



藤堂グループ社長秘書・西條千春(30代)×御曹司・藤堂一輝(大学卒業したての20代)、という年の差カップリング。


このシリーズはデキる男たちの話なのに、具体的にはどうデキる男なのかよく分かりませ~ん(笑)。周りが[攻]西條さんはデキる男だの神と崇めてたり、それを平然と受け止める御曹司[受]一輝さんもスゴい人だ!みたいな。人の噂なので読んでる私には“デキる男”度はサッパリ分からんけど別にイイんです!

獣のような雄のフェロモンむんむんなスーパー攻様の[攻]千春は大企業グループの社長秘書で後継者と社内外では目されてたり、実はアメリカの大企業の社長の息子なのに父親と縁を切ってライバル社の藤堂社長のとこにやってきて息子[受]一輝の教育係になり育て上げてパックリ自分が喰ってしまって恋人カンケイになってたり、愛しすぎて[受]一輝を殺しそうになったり監禁したり、シリーズを思い起こせばとんでもないエピソードてんこ盛り!

[受]一輝が翻弄されているようでいて手綱を握ってるのは[受]一輝だからね。自分が成長するためにアメリカの大企業で修行中。[攻]千春の従弟[受]カオルの恋人[攻]大郷の父親のとこね。
寂しいと思いつつ毎日を過ごしてたら藤堂社長の仕事の関係で[攻]千春がアメリカにやって来て束の間の逢瀬を楽しむが、パーティーで声を掛けてきた若手起業家バリーが友達になろう!西條さんを紹介して!と[受]一輝を利用する気満々がある意味清々しいが、[受]一輝はゲイで千春狙いだと誤解して近付けさせないために自分が相手してたら[攻]千春が嫉妬しまくってたのは面白かったな~。バリーはゲイでも性的に[攻]千春を狙ってたわけでもなく、単に憧れてただけのオチにはクスッとしたわ。バリーは友人になれるのかこのままモブ止まりなのか。

獣シリーズは濡れ場が多いが、修正がリブレよりはマシだった。リブレは股間がへんな白い物体だったりするからな。
裸体で千春の後ろ姿が……脚の間から見えてるのはデカチ●コですか?

次は別カプかな?忘れがちだがシリーズの一番最初は[受]一輝の兄で大学教授の[攻]瑛と大学生[受]夕飛の話だからね!結婚しちゃってるが短編でもいいから現在の様子を知りたいな。


end.


秘密