2015-07-21 22:01 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リンクスロマンス
◆きたざわ尋子&毬田ユズ
『誘惑をひとかけら』(2010年10月発売)
『ささやかな甘傷』(2010年12月)

ー私の評価ー
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
【誘惑をひとかけら】
入院した父親の代わりに、喫茶店・カリーノを切り盛りしている大学生の立川智暁。再開発によって立ち退きを迫られ、嫌がらせもエスカレートしてきていた矢先、突然7年ぶりに血の繋がらない弟の竜司が帰ってきた。驚くほど背が高くなり、大人の男の色気を纏って帰ってきた竜司に、智暁は戸惑いを隠せずにいた。さらに竜司から「智暁のことが好きで、このままでは犯してしまうと思って家を出た」と衝撃の告白をされ、抱きしめられてしまい…。
【ささやかな甘傷】
アミューズメントを手がける会社、エスライクに勤める澤村は、不注意から青年に車をぶつけてしまう。幸いにも捻挫程度の怪我ですんだが、「家に置いてくれたら事故のことを黙っていてやる、追い出そうとしたら淫行で訴える」と青年は澤村を脅してきた。仕方がなく澤村は、真治と名乗る青年と同居生活を送ることになった。二人での生活にもようやく慣れ、彼からの好意も感じられるようになった頃、真治が誰かに追われるように帰宅してきて…。
◇◇◇◇◇

ルチル文庫の今月の新刊を読んだらリンクス既刊にリンクしてるとあとがきにあったので、どれが該当作品なのか分からない!手放したのもあるからね。保管してる既刊をあさってるうちに、きたざわ尋子祭りが始まってしまった~。
せっかくなので記録だけ残す。


>>ネタバレ続き★


【誘惑をひとかけら】
留学して飛び級で大学卒業して実父の会社に勤務の弟・立川竜司(22歳)×大学生で父の代わりに喫茶店を切り盛りの兄・立川智暁(22歳)

【ささやかな甘傷】
会社役員・澤村昂志(30代後半?)×遺産相続で命を狙われている・真治麻理也(21歳)


正直、イマイチだったかな。サラッと記録だけ。

『誘惑をひとかけら』は親の再婚で兄弟になった弟[攻]竜司と兄[受]智暁のカップルで、[攻]竜司が中学で義兄に欲望を抱いて止められないから実父を頼っていきなり姿を消して7年後の再会からの街の再開発でのゴタゴタを解決する話。
体のカンケイが出来るのが早かったな~。

『ささやかな甘傷』は[攻]澤村は[攻]竜司の実父の会社の社員でありライバルともいえる存在で『誘惑を~』では当て馬ほどはいかないがかなり存在感があった。その彼が軽い事故を起こした被害者が[受]真治。[受]真治は存在を知らなかった祖父から受けた莫大な遺産相続で命を狙われていて隠れるために[攻]澤村を利用。[攻]澤村があんまり好きじゃないな~。



end.

秘密