2015-08-02 15:40 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆きたざわ尋子&神田猫
『秘密より強引』(2011年10月発売)
『甘くて傲慢』(2012年4月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
【秘密より強引】
とある秘密を抱え、息をひそめて暮らしてきた奎斗。ようやく緊張せずつきあえる友人ができた大学一年の春、その縁で院生の賀津と知り合い、どういうわけか居候させてもらうことに。美形で優秀でジェントルな賀津にスキンシップ過剰に甘やかされ、戸惑いつつ惹かれていく奎斗だが、賀津が自分の秘密に気づいているのでは、と気が気でなくて……?
【甘くて傲慢】
理央の赴任先は学生の居着かない研究室だった。その主・桐原准教授の生活能力の無さに呆れつつ惨状を見過ごせず、理央が世話を焼くはめに。なりゆきで研究室同様に魔窟と化した桐原の自宅まで磨き上げた理央は、風情ある家に惹かれて桐原の命令めいた申し出を受け入れ、同居生活を開始―ある朝、傍若無人な桐原がふと纏った色香によろめいて……?
◇◇◇◇◇

きたざわ尋子祭りです。きたざわ尋子さんはデビューから暫くは花丸文庫からたくさん出てたけど、今はルチル文庫とリンクスがメインなのかな。シリーズ出ても2冊ぐらい長くても4冊までだから楽になったかな。



>>ネタバレ続き★


【秘密より強引】
大学院生・賀津滉佑(22→23歳)×大学1年生・京野奎斗(18→19歳)

【甘くて傲慢】
大学准教授・桐原丞(たすく/32歳)×大学助手・佐條理央(24→25歳)



『秘密より強引』は正直、つまらんかった。好み度は★1だね。
[受]奎斗にはヒミツがあってひっそり暮らしたいし、父が息子と3歳しか変わらない女性と再婚したので家を出たくて大学での友人・太智の従兄弟である[攻]賀津先輩宅に同居させてもらうことになり[攻]賀津には可愛がられる。
受験勉強をする夜中に幾つかの暴走族グループが暴れてるのに耐えかねて、6歳年上の従兄弟の理央と変装して女装(ハーフの女の子キティ)で暴走族のリーダーたちを叩きのめしたことを隠したい過去。それをかつて叩きのめした暴走族リーダー村居([攻]賀津の異母弟)と都市伝説を調査したい[攻]賀津がそれぞれ[受]奎斗に迫る……みたいな。
暴走族を潰した過去を必死に隠さねばならないかもしれないが、やりとりとかがなんかつまんなかったな。どちらもなぜ恋に落ちたのかピンとこないわ。[受]奎斗は愛されたがりで、[攻]賀津は構いたがりのドSだからピタリとハマったのかな?


『秘密より強引』では海外留学して国際電話の会話でしか登場してない[受]理央編の方が面白かったよ。留学を終えて日本の大学で仕事を見つけた(従兄弟[受]奎斗の大学)のに、上司となる筈の大学教授が亡くなったため別の研究室の准教授[攻]桐原の所で働くことに。研究室内は汚部屋の如くぐっちゃぐちゃで院生も数名しか所属してないのを綺麗好きの[受]理央が[攻]桐原のぐうたらも気にせずしゃきしゃき片付けていくのはスッキリしたな~。こういう性格を[攻]桐原は気に入ったんだろね。あとできっちりした良さげな男性医師の当て馬が出てくるのを結果的に振るから[受]理央はだらしない自分が世話してやらなきゃタイプが好きなんだろな。180センチの長身で美人[攻]タイプにもなるんだろうけど[受]でした。


end.

秘密