2015-11-04 14:24 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルビー文庫
◆神香うらら&明神翼
『傲慢社長の甘い求愛』(2015年11月発売)



ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
アンティークショップで秘書として働く薫は、有能だけど傲慢な社長・ゴードンに手を焼きつつも淡い恋心を抱いていた。ところが、出張で彼とモーテルに一泊した翌朝、目覚めると、ベッドの隣にはなぜかゴードンがいて…!?「いい抱き枕があったから」と彼は悪びれないが、薫は真っ赤になって動揺してしまう。以来、ゴードンは奥手な薫をからかってくるように。さらに、予定のないクリスマスに彼から実家のパーティに招かれた薫は、思わせぶりな甘いキスをしかけられ…。
◇◇◇◇◇

買うつもりはなくコミコミで予約してなかったけど、あらすじを読んで気になったからAmazonでポチって購入。




>>ネタバレ続き★


アンティークショップ経営社長のゴードン・ゼルニック(32歳)×アシスタントの笹川薫(24歳)、というカップリング。


神香うららさん作品はそんなに読んでないんだよね。買う時は大抵があらすじを読んで気になったからなんだけど、今回もあらすじから傲慢アメリカ人[攻]がどんだけ日本人[受]にジワジワ迫るのかなと期待したが……ちょっと期待ハズレかな。悪くはないが。

[受]薫視点で書かれているので、心の移り変わりがしっかり描かれていたのは良かったな。ルビー文庫らしい内容だったよ!
傲慢でアンティークについて愛を感じていない[攻]ゴードンを、初めはあまり好きではなかったのに1年ほど一緒に仕事をするうちにあしらい方を覚え、自分が体調を崩して弱ってる時に頼もしく思えたり隠していた趣味のドールハウスのミニチュア家具収集を軟弱だとバカにしなかったり理解を示してくれたことで[攻]ゴードンへの見方が変わり素敵な面も知ることになって淡い恋心を抱くも、[攻]ゴードンの女性関係や前々アシスタント男性が迫っていたのを不快に思っていたことを知るだけに自分の想いを封じてアシスタントに徹している様子がケナゲでした。

[受]薫は片想いを悟られないようにしてるのに、[攻]ゴードンがちょいちょい思わせ振りな行動に出るのがイラッとしたわ。クリスマスに宿り木の下で宿り木を言い訳にキスとか、予定を聞いて断られたら他に誰かいるようなことを言って[受]薫を落ち込ませたり、[攻]ならグイグイ来いやー!と思った(笑)。

従業員や取引先の生活を考えて父親の跡を継いで社長になったもののアンティークにさほど興味のない[攻]ゴードンにしては[受]薫へのプロポーズに[受]薫の趣味のものを用意するのは気が利いた[攻]だなと思ったよ。そこは褒めてつかわすぞ(笑)。
[受]薫の片想いからの両想いストーリーだが巻末のSSを見ると、[攻]ゴードンの方が先に好きになってたんだね。安心したわ。
この作品で私が微妙だなと思ったのは、[受]薫がセクシーパンツ(ビキニタイプ)を履いてることだよ!奥手の奥ゆかしい日本人でアメリカにも日本にも馴染めない青年なのに料ビキニって!カラー口絵は水色ビキニだしね。作家さんの趣味かな。



end.

秘密