2015-11-27 02:07 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ラルーナ文庫
◆牧山とも&山田パン
『至高なる淫乱の愛育法』ペーパー+芳林堂書店&ホーリンLB特典ブロマイド付き(2015年11月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★★★

◇(あらすじ転載)◇
人口の激減が深刻化。ついに『性愛奨励法』が施行され、淫乱であることが美徳とされる世の中となった。ところが、性教育のスペシャリストを父にもつ大学生の恒紀は、外見は『淫乱王子』と呼ばれるほどエロいオーラ垂れ流しなのに、その実、性的なことへの興味はゼロ。ついに両親にそれがバレ、恋愛機能不全非淫乱症候群の診断を受けた恒紀は凄腕の性学博士・石村から二か月間、みっちり泊まり込みの治療をされることに…!?
◇◇◇◇◇

ラルーナ文庫が創刊されてから毎月、アズからの続編が移籍してきてるが、こちらは新作でした。

牧山ともさんの作品でBLだとハッキリ分かったから当然買いましたとも!




>>ネタバレ続き★


“あ~疲れたわ~アタシもうな~んにも考えたくないわ~!”という時、アホな内容のBL作品を読みたいと思った時に読むのが良いと思います。


性学博士医師・石村柊(イシムラシュウ/34歳)×大学生・長野恒紀(ナガノコウキ/21歳)、というカップリング。

この作品、どう感想を書いたらいいのか分かりません(笑)。読みながらとにかくいろんな種類の笑いが込み上げてきましたよ。爆笑、苦笑い、乾いた笑い、などなど。
牧山ともさんのBL作品だから、これに手を出そうって人は牧山ともさんの作風を大体把握してると思うんでBL界に存在するごく普通のBL作品は求めてないよね?タイトルからしてブッ飛んでるよね!

この本ほど「淫乱」という言葉がたくさん出てくる作品はないだろう。ページ捲っても捲っても「淫乱」です。BL作品で「淫乱」と言われるのは抱かれる側の乱れる様を言葉責め的になんだけど、この作品では女性も男性[受]も男性[攻]も「淫乱」と軽い気持ちで言われてるよ。
近未来が舞台で人口がかなり減って女性が減って人口を増やすために愛欲推奨の世の中になっちゃって、男女ともに淫乱であることが尊ばれてみんなカップルが成立してればいちゃこらとエッチばっかりしてるのに、大学生の[受]恒紀は性欲がなくそんな淫乱愛欲推奨にウンザリしている
。しかも[受]恒紀は大学でも街中でも「淫乱王子」とアダ名されるぐらいエロいフェロモンがムンムンらしく男女から言い寄られてウンザリ。
性学では第一人者の医師で最高学府である国立性修大学学長(←東大の学長って感じ?)の父親(52歳)と専業主婦の母親(45歳)が朝っぱらからラブラブで息子にオナニーしたかエッチしたか恋人はつくれとしつこく言ってくるのも適当にかわしながら過ごしてたが、いい加減そんなやりとりに我慢ならず小さい頃からウンザリしていたとキレたら、父親から家族には言いづらいだろうから元教え子でクリニックを経営してる性学博士の[攻]石村のところでカウンセリングを受けろと勧められるのが二人の出会い。

以下、いろんな笑いが込み上げながら読みましたよ。
[受]恒紀は父親と同じ大学には行けなかったが私立大学で性学を学び将来的には自分と同じように愛欲推奨の世の中に否定的な人のサポートが出来ればと密かに考えていたのに、父親が息子を託した[攻]石村は性学のスペシャリストで息子の淫乱度をアップさせる、性欲に目覚めさせるように手配していたんだもんな。息子の気持ちを全く分かってない父親だよな。しかし肝心の息子は[攻]石村の手によって淫乱開花させられちゃうんだもんな(笑)。[攻]石村のクリニックには入院設備がないので恩師の息子だから特別に、もちろん[攻]石村の好みのタイプだから、自宅マンションに入院させて真面目な顔して『恋愛機能不全非淫乱症候群』の治療更正プログラムとやらを二人でこなしてるのは苦笑いした。ま、ぶっちゃけ、エッチシーンが延々と描かれておりました(笑)。
一生懸命に自分に施術をしてくれてたら、やってることは恋人とやるようなエッチだから段々と好意を寄せるわな~。そんな状況で最終地点のドライでイクまでをこなしたら好きなのを自覚するも医師と患者で、恩師の息子だから一生懸命なだけと諦めて。自分に好意を寄せてくれてる先輩と恋人になろうとしたところで[攻]石村が現れてくっついてめでたしめでたし。

[受]恒紀は「淫乱王子」と呼ばれてるが、[攻]石村は「淫乱王(いんらんキング)」「淫乱神(いんらんゴッド)」と呼ばれてるらしいよ(笑)。[受]恒紀の淫乱フェロモンがすごいのを[攻]石村は感心して手を加えたら開花すると分かってたみたい。その[攻]石村は[受]恒紀の父親のことを「淫乱妖怪」、母親のことを「淫乱魔女」と評してるのも笑ったわ~。

続編は恋人になってからの話。両親には[攻]石村と恋人になったことは隠していて、[攻]石村が絶倫過ぎるのが耐えられないので「淫乱ジム」に通って体力と淫乱魅力アップを狙うが、[攻]石村の淫乱遺伝子を遺さないのは人類の損失だと考えたり両親が[攻]石村にお見合いを持ち込んだりのゴタゴタと両親に交際がバレたりする内容でした。
淫乱ジムって……!ライザップみたいなイメージなんだろな。

とにかくバカバカしい(←誉めてます!)淫乱淫乱の作品でした!


end.

秘密