2016-02-04 01:04 | カテゴリ:BL小説・作家カ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:読んだ本の紹介
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リンクス
◆きたざわ尋子&千川夏味
『理不尽にあまく』コミコミ特典イラストカード付き(2016年1月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
大学生の蒼葉は、小柄でかわいい容姿のせいかなぜか変な男にばかりつきまとわれていた。そんなある日、蒼葉は父親から護衛兼世話係をつけ、同居させると言われてしまう。戸惑う蒼葉の前に現れたのは、なんと大学一の有名人・誠志郎。最初は無口で無愛想な誠志郎を苦手に思っていたが、一緒に暮らすうちに、思いもかけず世話焼きで優しい素顔に触れ、甘やかされることに心地よさを覚えるようになった蒼葉は…。
◇◇◇◇◇

きたざわ尋子さんも多作だよね。購入はあらすじと絵師さん次第かな。



>>ネタバレ続き★


大学2年神田誠志郎(成人はしてるみたい)×大学1年檜川蒼葉(18歳)、というカップリング。


主人公に特殊能力がある話ではなかったが、きたざわ尋子さん作品あるあるの[受]がぼんやり系で男に狙われやすい系でした。
[受]の一人称みたいな文章で[受]視点なので頭弱い子みたいな文章がイラッとしちゃったわ。

この作品はあんまり好みじゃなかった。親がお膳立てした関係なんだよね。恋愛が薄いかな~。

[受]蒼葉の父親・檜川信彦(43歳)は実は叔父。実父の浮気で出来た子で実父は地位も名声もあるみたい(詳細なし)でゲイだとカミングアウトして勘当されてた信彦が母親と結婚して(認知もしてくれた?)[受]蒼葉が高校卒業したら離婚し母親は恋人の元へ、大学入って半年した今、信彦が経営してた会社を手放して海外へ行くので自分の部下である[攻]誠志郎を同居させ大学でも守らせるとこまで手配してるからね。

[攻]誠志郎は15歳で両親を事故で亡くして16歳で年齢を偽ってバイトしてたのを信彦がスカウトして手元で仕事と勉強をさせて[受]蒼葉が大学に入る前に大学に入学させて準備させたりしてるってすごいよ。これ、[攻]誠志郎が[受]タイプならきたざわ尋子さん作品にありがちな拾われたところで信彦の嫁パターンだよね。
[攻]誠志郎は見守るうちに好きになったらしいけど、やっぱ信彦がお膳立てだよな。

雑誌リンクスに掲載された分と書き下ろしが収録。
『理不尽にあまく』では[受]蒼葉のストーカーやら顔見知りに襲われたりで[攻]誠志郎に助けられ恋人になってめでたしめでたし。
『理不尽に厳しく』はサークルでキャンプに行くから何が起こるのか期待したら斜め上なことが発生して苦笑い。サークルの仲間が[受]蒼葉の情報をストーカーに漏らしたのだが、サークル仲間は乙女ゲーム好きな腐男子といえばいいのかな?[受]蒼葉が[攻]誠志郎と恋人なの知ってるのに[受]蒼葉が総[受]ハーレムが見たい性癖のようだ。


こうなったら信彦編が読みたいわ。息子は[攻]誠志郎に託して自由になったのなら恋愛するよね。43歳だときたざわ尋子さんの作品は年齢オーバーだからナイのかな。


end.


秘密