2016-03-01 01:39 | カテゴリ:BL小説・作家タ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆プラチナ文庫
◆鳥舟あや&
『溺愛凶神さま、土蔵に監禁さるる』コミコミ特典ペーパー付き(2016年1月発売)

ー私の評価ー
好み度/★☆☆☆☆
エロ度/★★★★★

◇(あらすじ転載)◇
神さまから見放され没落した松末家。進学費用を自分で工面する破目になった跡取り息子の桂衛は、消えた白蛇さまを探し裏山の祠へ……。そうして、しきたりに則り土蔵に監禁したのは、赤い髪に緋色の着物……獣じみた、だがとても男前の神、尽壽だった。桂衛だけの神さま―人恋しがりの尽壽に身も心もゆるゆるにされてしまう桂衛。ところがひょっこり白蛇さまが戻ってきて……。
◇◇◇◇◇

商業単行本3冊目の新人さん。1冊目ラルーナ文庫は表紙とあらすじで多分私にはムリだと思ってパスしたが、2冊目ラルーナ文庫は気になって購入して面白いと思ったので、3冊目のプラチナ文庫を購入した。



>>ネタバレ続き★


凶神・尽壽(じんじゅ)×高校生・松末桂衛(よしもり)、というカップリング。


感想書いてないんだけど2冊目のラルーナ文庫は読みました。苦手な描写はあったけどラブがあったから面白く思えて、3冊目のこの新刊にも手を出してみたが、アカン……超苦手だわ!だから好み度は★1にしたけど、1冊目が平気な人なら好物なのかな?

没落した家なんだけど両親が見栄っ張りでお金がないのに家にあるものを分家が欲しがったら気前よくあげたり、息子である[受]桂衛の物でも人にあげたりするのがトンデモないんだけどどうなってんの?[受]桂衛は養子でもなんでもなく実子なのに家政婦のようにこき使って、大学受験が控えてるのに学費は自分でなんとかしろと言う親に我慢ならないんだけど!神頼みだと曾祖父が伝え遺してくれてた通りにやって現れた神さまが運命の出会い?(本物は白蛇様)

[攻]尽壽は[受]桂衛の精神を壊してしまったんだよな~。そういうのが私は苦手なのよね。金庫に閉じ込めて自分だけを想うように調教しちゃったというか。恋じゃないよな。[受]桂衛の尻に異物挿入したままとか失禁させるとか腕が入るまで拡げるとか苦手!
後で本物の松末家の神さまの白蛇様が出てくるけどこれも苦手だな~。
描写が苦手だけど、[受]桂衛のしゃべり方が一番苦手かな。幼児返りというのかな?こういうのは作者の趣味なのかな。

最終的には大学に進学して郷土史みたいなの勉強して実家を継ぐようでなによりです。


end.

秘密