2016-05-18 23:11 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:読んだ本の紹介
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆シャレード文庫
◆牧山とも&高峰顕
『美MENSパーティー この美メン、潔癖につき』ペーパー付き(2016年3月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
男性限定の異業種交流会というのは表向き。とある理由から定期的に開催される美男の集い、その名も美・MENSパーティ。兄の代役で一人会場を訪れた碧羽は参加者の中に予備校担当講師・桐谷の姿を見つけ、藁にも縋る思いで頼ることに。桐谷とのやり取りに気を遣うのは、端整な容貌のせいでも厳しい指導法のせいでもなく…彼が過度の潔癖性だから。自分が桐谷からどう見られているかなど想像もせず、必死に接触を避けようとする碧羽だったが…。
◇◇◇◇◇

牧山ともさんの美メンズパーティーシリーズはツイてないね。出版社を数々渡り歩いてるよね。新刊を出して貰えて本当に良かった!




>>ネタバレ続き★


予備校講師・桐谷瑛哲(きりたにえいてつ32歳)×帰国子女の高校生・宇田川碧羽(あおば16歳)、というカップリング。


美MEN'Sシリーズは出版社を渡り歩いてるね。最初は学研もえぎ文庫でその次はアズノベルズで、今度はシャレード文庫。このシリーズは大好きだから続いてくれて嬉しいし、絵師さんが高峰顕さんのままで良かった!高峰顕さんの美しいイラストは[攻]も[受]もピッタリなんだよね。

今回、初めての高校生[受]で、年の差も16歳ですよ![受]碧羽は、父親が外交官なので帰国子女でずっと海外暮らしなので日本の言葉や習慣に疎く、可愛い容姿で幼い頃に誘拐されかけたことがあって対人恐怖症ぎみ。
学校の国語の成績が悪いため母方の従兄が勤務する有名予備校に通うことになり、その担任が[攻]桐谷。

[攻]桐谷は人気講師で、そして潔癖症。初めて会ったのがトイレの手洗い場で、その後の面接での机に除菌ウエットティッシュで拭いたり消臭除菌スプレーや粘着クリーナーを持ってるのを見てからは怖いぐらいの潔癖症とインプットされちゃうよね(笑)。
兄の代わりに出席したパーティに[攻]桐谷もいて人見知りの[受]碧羽は一緒にいてもらってから懐くようになる。
このパーティはシリーズの基本中の基本ですよ、大人気BL漫画家の野々宮ユリカこと海老原正美が美男を集めて萌えを補給するためのパーティですよ!このパーティに出ると男同士カップルになっちまう(笑)。このシリーズ始まって以来身内以外初めての海老原正美がBL漫画家と知ってる人物がカップルの片割れ。[攻]桐谷は海老原正美の昔の家庭教師でBL漫画をウッカリ読まれてしまった過去が。海老原正美にはカップル妄想されるシーンは面白いよね。どんな早さで妄想してんの!

[受]碧羽の私物が無くなったりストーカーの影があったりで[攻]桐谷と近づきつつも先生と生徒だからなかなかそうはいかない、二人とも恋愛には至らない。[受]碧羽が何かにつけて[攻]桐谷の潔癖症に気を使ってるやり取りがちょっとズレてたりが面白いかな。でも、シリーズ通して考えたらこの新刊はそこまではハマれなかったわ。

[攻]桐谷の潔癖症は本格的な潔癖症ではないみたい。ちょっと綺麗好きな人?[受]碧羽は手洗いしてないことを気にして離れようとするが舐める勢いだもんな、[攻]桐谷は。自分の身内認定したら平気なんだろな。

講師の一人が[受]碧羽のストーカーだったわけだけど、マジで気持ち悪い!

特典ペーパーは二十歳の大学生になった[受]碧羽と過ごす[攻]桐谷視点。可愛くて堪らないんだろな~。ドSだからそういうのは見せないだろうけど。


end.

秘密