2016-05-31 23:52 | カテゴリ:BL小説・作家ハ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:読んだ本の紹介
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆クロスN
◆日向唯稀&藤井咲耶
『BloodyLife』ペーパー+コミコミ特典小冊子付き(2015年10月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
吸血鬼と人狼のハーフ・雅斗は、ある日大事な犬歯を傷つけてしまう。犬歯を失えば吸血ができない死活問題!だが、恐る恐る向かった歯科で再会したのは、ドSな笑みを浮かべた元カレ&初カレの嵩道だった。吸血犬だとバレてはいけない雅斗は、秘密を抱えたまま彼の治療を受けることになり……。フェロモン垂れ流しな嵩道に壁ドンされると、心が揺れる。自分が純粋な人間ではないから、逃げるようにして別れたはずなのに、「今夜だけでいい」という甘い言葉に流されてしまい!?
◇◇◇◇◇


昨年発売の作品なんだけど本の出し入れをしてたら出てきたので再読した。日向唯稀さん作品だし、ついでに簡単に感想を書いておこうかなと。
新刊入手したら読んでます。そして感想書かぬまま収納へ行っちゃうことも。そこらへんは適当なんだよね。



>>ネタバレ続き★


歯科医・北條嵩道×フリーターの吸血犬・犬上雅斗、というカップリング。
高校時代の元カレで30歳前、29歳(なのかな?もうすぐ30って言ってるから)。

雅斗の父親で吸血鬼のクラウディオ・ヴィエリ・マッテーイ×人間の資産家の藤原守宏(30代後半)、という夫夫の元で[受]雅斗は暮らしている。


帯に「お前、女も雌も知らないW童貞か!?」に吹き出してしまったよ!このフレーズは後半に出てくる。

新宿御苑前の近くのタワーマンションに父親で吸血鬼のクラウディオ([攻])とその伴侶で人間で実業家の藤原守宏([受])と住んでいる[受]雅斗は吸血犬になる半分人間。
動物からの吸血タイムに犬歯が抜けそうになって駆け込んだ歯科クリニックに、かつての恋人で初エッチの後に小豆柴に変身したまま人間に戻れなくなってラブホテルに置いてきてしまった[攻]嵩道と12年振りに再会からの再び恋人になってのラブコメでとても面白かった!

[受]雅斗の犬歯が抜けたら吸血が出来なくなるから生命のピンチ。それを父親クラウディオの伴侶の守宏が取り乱すほど心配したり義親子愛なんかも描写は良かった。

[受]雅斗が小豆柴になってしまった時に[攻]嵩道の飼い犬シェパードに発情されてお尻ピーンチになったり、新宿御苑の動物たちとの追っかけっこなど動物がらみも面白かったな。

[受]雅斗はずっと[攻]嵩道を好きで置いてきたことを後悔してるんだが、再会して同窓会の後に再びエッチした後に小豆柴に変身しちゃってとうとうバラすことになって、その後、[攻]嵩道の家族たちに打ち明ける結果になって家族ぐるみで付き合うことになるのが日向唯稀さん作品っぽいなと思った!
亡き母親も親族たちも大きな犬型なのに[受]雅斗だけ小豆柴なのが愛の結果ってシーンは泣いちゃったわ。街中で歩いてても保健所とかに捕まって処分されない可愛い小さい犬。

亡き母親の血筋の犬神族に変身遺伝子のために体を狙われて(ハーレム!)、そこで帯にある「W童貞」ですよ。爆笑したわ~。[攻]嵩道と恋人である限りW童貞だわな。

犬歯抜けても新鮮なスッポンの生き血を輸血したら代用出来ることが分かったのは良かったけどプッと笑ったわ~。

ペーパーは、[攻]嵩道が[受]雅斗のケモ耳尻尾が見たいから装着させようとして[受]雅斗がヘンタイ!と逃げて実家に帰ったら、守宏とクラウディオがハロウィンだからコスプレしようと盛り上がった話。

コミコミ特典小冊子は、[受]雅斗が小豆柴の時に動物たちから迫られて危険なのでパンツ穿かせたい!からの、本人無視して両家家族会議で服を帰せたい女性陣からオモチヤにされちゃう[受]雅斗。


何度も読みたい作品でした。


end.

秘密