2016-06-01 23:47 | カテゴリ:BL小説・作家ハ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ガッシュ文庫
◆妃川螢&小禄
『金獅子の王と漆黒の騎士』(2016年5月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
黒曜石の瞳と黒髪を持ちながら騎士を務めるシオンはこの国では異質の存在だった。黒は下賎の色と言われるためだ。そんなシオンに新たに下された任務は「新王づきの近衛騎士」。新王ユリウスは金髪金瞳で荒々しくまるで獅子のような男だという。自分などを側仕えに選ぶ意図がわからず困惑するシオンだったが、ユリウスから初対面で突然「裸になってベッドへ上がれ」と命令され一晩中屈辱的な仕打ちを受けた。その後も事ある毎に夜伽を命じられて――!?
◇◇◇◇◇

妃川螢さんの作品は私の萌えどころバッチリ掴んでるのが多いので作家買いです!
今回も好きな設定でした。




>>ネタバレ続き★


ラクソル王国新王ユリウス×新王づき側近近衛騎士シオン卿、というカップリング。年齢わからないけど、[攻]が1歳か2歳ぐらい年下。

[受]シオンは金髪碧眼が高貴とされる国で下賤とされる黒髪黒瞳で生まれ、爵位をもつ家の末子なのに忌避されて育つ。こういう設定から[攻]と出会って幸せになるパターン、私は大好物なんだよね~。

大臣たちの不正腐敗を一気に片付けたい新王[攻]ユリウスの戦いと、初恋相手の[受]シオンを恋人にしたいのに相手がガチガチの真面目くんでウブだからいつもムリヤリでなかなか恋愛も上手くいかなくて[攻]ユリウスかわいそーって話でした。

第一王子である王太子セーレ殿下付きの王宮騎士だったのに、第二王子から新王に即位することになった[攻]ユリウス付きの近衛騎士に指命され、いきなりご無体な命令の夜伽はBLあるあるだよね!これはちゃんと理由あってのことで読者としてはニヤニヤなんですけどね。[受]シオンは気付いてないけど幼い頃に[攻]ユリウスは美しい[受]シオンを見て初恋なんだろな~。
王になる特権として自分の側近近衛は
だけは自分で選べるから、兄付きの騎士である[受]シオンを兄から奪ったと。体の弱い兄セーレ殿下は弟の方が王に向いてるのは分かってるから兄弟では揉めないし、[攻]ユリウスは妃を迎える予定はないから兄セーレ殿下の王女か王子を後継者にするんだろうな。

[受]シオンは黒髪黒瞳の自分は嫌われてる、部下たちは仕方なく仕事だけ付き合ってると思ってるけど、副長や部下たちは[受]シオンを慕ってるし美しいと思ってると思うんだよね~本人は気付いてないけど。国民も実力で新王付きの近衛騎士になった[受]シオンを好きみたいだし。

敵はショボいし、軽く読める作品だった。
残念なのは、せっかく王女王子の側にホワイトタイガーのブランカがいるのに活躍してないことかな。勿体ない!最後に[攻]ユリウスが[受]シオンに黒豹の赤ちゃんをプレゼントしたけど二人のこども替わりになりそうだな。


end.

秘密