2016-06-19 18:10 | カテゴリ:BL小説・作家タ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リリ文庫
◆chiーco&周防佑未
『海上の絶対君主-支配者の弱点-』ペーパー2種類+コミコミ特典イラストカード付き(2016年5月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★☆☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
「満月の夜、ここで別の世界への扉が開くんだよ」父の残した言葉に誘われ、海辺の洞窟に足を踏み入れた大学生の珠生。意識を失って目覚めるとそこは、見知らぬ世界の海賊船・エイバルの上だった!しかも船長のラディスラスは珠生を気に入り、愛人にするつもりのようで?ラディスラスの強引な溺愛行為に振り回される珠生だが、エイバルの船員たちをめぐる事件に巻き込まれ――!?海の覇王と現代の大学生が織りなす、海上の激甘ロマンス登場!
◇◇◇◇◇

chiーcoさんのサイトで連載してる作品の文庫化。
リリ文庫は発行する出版社が変わったみたい。ローズキーノベルス、ローズキー文庫を出してるトコに変わったみたいだけど、じゃあ、ローズキー文庫はどうなったんだ?




>>ネタバレ続き★


海賊船エイバル船長・ラディスラス・アーディン(26歳)×大学生・水上珠生(18歳)、というカップリング。

*主要メンバー
船医アズハル(29歳)
甲板長ラシェル(28歳)→ジアーラ国の皇太子ミシュア王子付き親衛隊長だった
ジアーラ国海兵大将イザーク・ライド→ラシェルの元部下


この作品もchiーcoさんのサイトで連載されていた作品の紙書籍化。ヤクザシリーズは読んでたんだけど、この作品は人物紹介と冒頭だけ読んでそのままにしてたんで改めて文庫で読めて嬉しい。
この文庫を読んでたら、最後までエッチはしたけど好意は寄せてるけど恋人になるまでは心は結ばれてないし、そもそも二人の言葉が通じてないので物語としては“続く”なんだよね。続きが気になったのでchiーcoさんのサイトを見に行ったら読める状態だったんで最初から最後まで読んだ。あー、こりゃ最後まで(3巻か4巻?)発行してくれないとモヤモヤするやつやー!と思ったよ。
リリ文庫って創刊された時と今で発行してる出版社が違うんだよね。創刊された時から好きな作家のは読んでるけど、レーベル的に迷走してる感じだったよなと思い出した。宝塚歌劇の組みたいに雪とか月のジャンル分けみたいなこともしてたよねーと思い出した。
とにかく、サイトで連載してる作品に手をつけたからには、出版社は最後まで責任持って発行してくださいねと言いたい!勿論、買いますよ。


前置きが長くなったけど、母親が早くに亡くなって父親と二人で暮らしていた[受]珠生は父親が満月の夜の海でいなくなって数年後に戻ってきてまたいなくなってしまった18歳の大学生。不良どもから女と間違われて追いかけられていて、いわくの海に逃げてそして別世界にトリップしてしまう。海に流されているのを義賊と噂される海賊船船長[攻]ラディスラスに助けられ、可愛らしさと反抗心(海の男で大人のラディスラスからしたら仔猫の反抗程度)を気に入られてしまう。
[受]珠生がとにかく前向きで言葉が通じてない海賊船の面々の裏をかいて逃げようとするとこなんてイイね。しかし知らない世界で無謀だけどね。
[攻]ラディスラスがなんとか[受]珠生を抱こうと必死なのが笑えた。泣かれて我慢したり。最後には疲れて眠る[受]珠生の寝込みを襲って完遂したところで船医のアズハルに見つかって怒られてたけど!
言葉は通じないながらも愛らしくてみんなに可愛がれるのは分かるキャラクターでした。
みんなから12歳13歳ぐらいの子供と誤解されてたのが発覚したシーンは爆笑だった!現地語の数字を理解して18歳だと主張したら船員がどよめく。

帯に7月に続きが発行予定な記載があったから嬉しい。
甲板長ラシェルが皇太子ミシュア専属の近衛隊長だっので、海賊船エイバル号は修理に帰港する先がミシュアのいる国になる。皇太子ミシュアは異国から来た黒髪黒瞳の男と恋に落ちたせいで異母弟王子にハメられて国外に幽閉されてるからそれが2巻だね。サイトの連載を読んでなくても1巻の話の流れから察することが出来るけど皇太子ミシュアが恋に落ちた相手は[受]珠生の父親なんだけどね。
今後いろんな冒険をしていくので最後まで紙書籍化して欲しい!


初回特典ペーパー「珠生の反撃」は[受]珠生が船医アズハルに言葉を教えて貰って[攻]ラディスラスを凹ます話。
もう1枚のペーパー「ラディスラスの楽しみ」は[攻]ラディスラスが甲板長ラシェルにノロケつつ船医アズハルが[受]珠生にろくでもない言葉を教えることに辟易してる話。


どうでもいい話だけど、この文庫を読んでたら、船医アズハルが平川大輔さんボイスで変換されちゃうんだよね~。アズハルは[受]珠生を14歳以下の子供だと思っていて、尊敬する船長[攻]ラディスラスといえども子供に手を出すのはいかがなものかと思っていつも止めようとして。船員のなかでは[受]珠生の保護者的存在。そううトコが私の中で平川ボイスなんだわ。ドラマCD化なんてされないだろうけど。


end.

秘密