2016-06-20 23:03 | カテゴリ:BL小説・作家タ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆リブレBBN
◆遠野春日&円陣闇丸
『艶乱(いろのみだれ)』(2016年6月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
弁護士の貴史と川口組若頭の東原は、ようやく互いが唯一無二の存在と認め、今まで以上に距離を詰めたつきあいができるようになってきた。ひとつひとつ東原の秘密を知っていく喜びを感じ、見も心も満たされていく貴史。そんな矢先、東原が何者かに襲われる。東原が極道の道へと進むきっかけとなった過去へとつながる陰謀の匂いに、貴史は不安になりながらも気丈に東原の安否に気づかうが、そんな彼にも魔の手が…!?大人気情熱シリーズの番外編が、待望の新作書き下ろしで登場!!
◇◇◇◇◇

情熱シリーズのスピンオフの3冊目。
このシリーズは遠野春日さんの代表作になるのかな。





>>ネタバレ続き★


川口組若頭・東原辰雄(41歳)×弁護士・執行貴史(32歳)

[情熱シリーズ]
青年実業家・黒澤遥×ヤクザ組長愛人の過去をもつ元秘書・久保佳人


情熱シリーズ読んでるけど、感想は書いてない。熱く語る感想が思い付かなくて、いつも読んだらすぐに片付けてしまうんだよね。今回は思い付くまま残す。

今回読んでて[攻]東原が41歳なの知ったよ。前にも年齢出てたかもしれないけど新刊に二人の年齢がハッキリ記載あった。

既刊で[攻]東原の過去が気になってたが、今回その過去の因縁が事件になる。
[攻]東原は大学生の時に3歳年上の兄がヤクザが原因で自殺してしまいその敵を自分の頭脳で取ったもののヤバイことになってて川口組系東雲会の東郷組長に助けて貰ってそのままヤクザに。
[攻]東原が密かに会う警察官僚・樺島が円陣闇丸さんのイラストでストイック[受]系眼鏡だと思ったら、亡くなった兄の恋人だったとは。亡くなって20年、二人で偲んでたわけだけど、樺島は数年前に結婚しててちゃんと乗り越えてんだね。

川口組長の屋敷で東郷の思い出を語るシーンは良かったな~。東郷は川口組長とその傘下の香西組長と兄弟のように親しくしてて東郷が亡くなりその跡を[攻]東原が継いだことや、川口組若頭に就任したことも川口組長や香西組長が期待してて認めてるんだもんな。そっかー、香西組長は川口組の若頭補佐だったのか。本編で[受]佳人を囲ってた香西組長はイヤな奴イメージだったけど本業ではちゃんと仁義の分かる人物だったのかと再認識したわ。川口、東郷、香西という年齢順の兄弟分で、東郷が亡くなったからその息子のような存在の[攻]東原を香西組長は若頭補佐としてサポートしてんだな~。[攻]東原は過去の因縁でスナイパーに命を狙われてて川口邸の帰りに香西組長に庇われる。香西組長ええ人やん!

ヤクザBLって[受]が無鉄砲なことしてピーンチになったりするけど、今回の[受]貴史は騙されたりしてきたことを学習し、[攻]東原の恋人になったことを自覚してるので行動言動がとても慎重なのは良かった!隙を見せない!
20年前に[攻]東原が潰した組の息子に恨まれていてスナイパー武藤啓吾を雇って狙撃するけど、このスナイパー武藤が気になる!気に入った仕事しかしない、[受]貴史に近付いてのやり取りも面白い。[受]貴史は怪しんで[攻]東原に報告してムチャしない。スナイパー武藤の依頼人に[攻]東原を誘き出すために[受]貴史が狙われたのをタイヤをパンクさせて助けたり。遠野春日さんもお気に入りキャラみたいだから主人公の作品を書きそうだね。円陣闇丸さんのイラストだと[受]っぽいかな~と思ったんだけど。[攻]東原より[受]貴史を気に入ってるっぽいから[攻]キャラなのかな。

香西組長が[攻]東原を庇って撃たれて意識不明の重体で、側近からの連絡で[受]佳人がお見舞いに行くべきが悩むシーンは良かった。香西組長の想いには応えられなかったけど恩はあるからとお見舞いに行く。過去にはいろいろあったけど[攻]遥さんの元で幸せになったんだよな~。


この情熱シリーズは今後も楽しみな作品です。


end.


秘密