2016-08-20 01:39 | カテゴリ:BL漫画・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ふゅーじょんぷろだくと/オメガバースプロジェクトコミックス
◆いちかわ壱
『ただいま、おかえり』(2016年6月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★★
エロ度/☆☆☆☆☆

◇(あらすじ転載)◇
藤吉真生(ふじよしまさき)は自分に自身が持てない専業主夫。 エリートサラリーマンの夫・弘(ひろむ)ともうすぐ2歳になる息子・輝(ひかり)に支えられ 、何気なくも大切な日常の中で少しずつ自分を受け入れていく。
喜びや悲しみを乗り越えて、昨日よりもっと“家族”になる。あなたに優しい気持ちを運ぶ、藤吉家の団欒へようこそ。
◇◇◇◇◇

お友達Aさんに「●●さん(←私の名前)がカノンチヒロを読んでるなら、これ読めると思うんでオススメしまーす」的なことをキャラバースデーフェアの色紙の柄がシャッフルされてないって話題の時にLINEで言われて気になって通販で購入した。



>>ネタバレ続き★


オメガバースが最近流行りらしいけど私は馴染みがないからね。オメガバースで宣伝されてるコミックスを見てたら[受]Ωに発情期があって酷い目に遭わされてるとかそういうのがムリで手を出してなかったんだよね。BLで[受]が両性具有とか[攻]に[受]を妊娠させることが出来るのは好みの範囲だから、この作品はとても好みだった!何回も読み返したよ。勧めてくれたお友達Aさんには感謝!この勢いで別のオメガバースコミックスを買いました。それも後で感想に残す。


エリート会社員α藤吉弘×専業主夫Ω藤吉真生、というカップリング。

最初の4ページでこの作品に於けるオメガバースの仕組みと、番(つがい)や生活や実質的な階級などの説明に割かれてて分かりやすかった。
帯には「“家族みんなでたくさん、たくさん笑顔を重ねよう”あたたかくて、癒されるハートフル・ホームドラマBL 」とあるように、1冊まるまる藤吉家の日常の描写で、恋愛でどうのこうのはない。オメガバースのドロドロとしたエロの世界は一切描かれてない。だから初心者の私には入りやすかったのかもしれん。逆に、エロドロドロなのを求めてる人にはこれはオメガバースじゃないよと言われてしまうのかな?

ひかりん(輝)が「まぁちゃあらいしゅきv」と母親である[受]真生にいつも言うのが可愛くて可愛くてたまらーん!それを見てる[攻]弘がスマホで撮影しながら泣いてるとかどんだけ家族愛に溢れてるんだろね。帯には「家族命のスパダリ攻×劣等感を持った美人受」と書いてあるけど、正直、[攻]弘のスパダリが見えなかった。スパダリの定義の問題かもしれないが。

[攻]弘の幼馴染みであり会社の同僚であるα松尾知泰や近所の大学生のβ祐樹くんとは家族ぐるみで親しくしていて彼らを含めての藤吉家のやりとりは面白かった。
この二人、くっつけばいいのに。

父親と価値観が違う問題。α特権階級主義者の父親はΩが認められず、[受]真生が妊娠した時に別れと下ろすように迫ったようで[攻]弘は父親を嫌っていたところからの、孫が鎹(かすがい)となって和解したみたいだね。

読んでてちょっと残念というか勿体ないと思ったのは、二人の恋愛馴れ初めが読みたかったってことなんだよね。作中に出会いがチラッとあったけど。OBとして[攻]弘が講演をしてるのを聞いてる現役大学生の[受]真生という出会いらしいが、そこからどうなって恋愛に至ったのか知りたいんじゃー!と叫んだもんね。

カバー捲って本体にちょっとエロシーンらしきものがある。このシーンで作中に登場の第二子が仕込まれたのかな(笑)。


このままじゃ勿体ないと思ってたら、続編を描くことが決まったとかで嬉しい。早く読みたいな。


end.

秘密