2016-08-24 00:00 | カテゴリ:BL漫画・作家ハ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ダリアC
◆羽純ハナ
『ペンデュラム―獣人オメガバース―』(2016年5月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
獣人を産めるのは人間のΩ(オメガ)だけ――。
親に捨てられた少年Ω・カイは、国で最も権力を持つ獣人一族・ジークフリード家の子供を産むため、当主のα(アルファ)・ルアードに育てられる。
今まで周りから疎まれてきたカイは、ひとりの人間として扱ってくれるルアードに惹かれ、いつしか番(つがい)になることを夢見るように…。
しかし、獣人は多くの子孫を残すため、番を作らず複数のΩと交わることを知ってしまう。
そして、発情期を迎えたΩもまた、多くの獣人と交わる運命だった――。
◇◇◇◇◇

お友達Aさんオススメのいちかわ壱さんの『ただいま、おかえり』に激ハマりしてオメガバースの他の作品も読んでみたくなった。ツイッターでやけに宣伝していてとても売れてるらしいとのことで買ってみた。売れてるみたいで発売日から2ヶ月半で6刷ですよ。最新は7刷らしいです。




>>ネタバレ続き★


国で権力を持つ獣人一族の当主ルアード・ジークフリード×Ωカイ、というカップリング。


あらすじや帯の紹介文で、Ω[受]がα[攻]だけを相手にするのではなくハーレムに入れられちゃっていろんな獣人[攻]たちにヤられまくる話はオメガバースならではなら自分の好みじゃないなと思ってたら、結果としてはΩ[受]カイは獣人[攻]ルアードだけを相手にしてたからホッとした!いろんな相手とくんずほぐれつぐちゃぐちゃが好みの人には物足りないだろな。オメガバースは気になるけどって初心者にはオススメ!獣人[攻]があかん人にはオススメ出来ないけどね。

この国は獣人一族が権力を持ってて人間はその下のようで、Ω[受]カイの親は人間の中ではα家系の名家であるためにΩで生まれた[受]カイは父親によって獣人一族のハーレムに連れて行かれる。獣人は人間のΩからしか生まれないので獣人一族は屋敷に獣人の縁の家系のΩでハーレムを作っているから、本当は即戦力にならない小さな子供のΩ[受]カイを連れて来られても困る。人間のΩ[受]が獣人の子供を生むと報奨金が支払われるからそれを目的にΩの人身売買もあるらしく、[受]カイの父親はそれは放棄するからとにかく息子を引き取って欲しいと。酷いよな~。息子のうち兄がαだから兄弟で番になったら困るとか考えたのかな。

獣人α[攻]ルアードの屋敷で普通の人間として育てられたΩ[受]カイは性的に虐げられるΩと無縁でいつか獣人α[攻]ルアードの番になりたいと思うようになるんだけど、獣人の子供が生まれにくいからハーレムで獣人αと何人ものΩと性交していること、当主である[攻]ルアードは番を作らないことを知りショックを受けるのは切ないな~。
Ω[受]カイに発情期がきてしまって、自分は[攻]ルアード以外とは番になりたくないからと屋敷に住むΩ[受]ダートに助けを求めて[受]ダートの魂の番になってしまった獣人[攻]ジュダに別宅に運んで貰っていたけど獣人[攻]ルアードがやって来て[攻]ルアードも[受]カイを好きで受け入れてくれてめでたしめでたし。
でもさ~、Ω[受]カイに発情期が来ないように薬を与えてたって、育てるうちに愛しくなってハーレムに入れるのは嫌だったんだろね。[攻]ルアードってば自分の好みに育ててたんだよな、若紫(by源氏物語)やないかーいと思った(笑)。オメガバースなら子供が生まれるのもセットじゃないの?このカップルに子供が生まれなくて残念。
オメガバースだの獣人ハーレムだの言う割には描写は獣人[攻]ルアードとΩ[受]カイの若紫ラブという正統派BLだったかも。

この本を読んで、実はメインカップルのルアード×カイよりも脇で魂の番になっているという獣人[攻]ジュダとΩ[受]ダートのカップルの方がめちゃくちゃ気になるのですよ!魂の番になってしまったばかりに[攻]ジュダは[受]ダートにしか反応しないとか。読んでて謎なのは[受]ダートは他にも抱かれてるの?[攻]ジュダに迫られると[受]ダートは受け入れるしかないみたいでムリヤリのよう。心は通わせないまま性交していて、巻末の番外編では赤ちゃん生まれてる。この二人の馴れ初めと、二人の本当の気持ちを知りたいわ。獣人ハーレムにいるのは身元のしっかりしたΩばかりだけど[受]ダートは違うらしいからその辺もハッキリ知りたいのだよ。


タイトルとイラストが印象的だね。「ペンデュラム」と獣[攻]ってこと、これが印象的で作者名が全然記憶に残らないのも残念だよね。
ダリアのモバイル版メルマガ(8月23日)で続編が予定されてることが書いてあったので気になるよ!



end.

秘密