2016-09-01 15:36 | カテゴリ:BL小説・作家マ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆シャレード文庫
◆牧山とも&周防佑未
『花の匣~桜花舞う月夜の契り~』ペーパー+コミコミ特典イラストカード付き(2016年8月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★★☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
蒸栗色の髪に翡翠の瞳――異相に加え、異能を操る力を持つ大臣家の側室の子、壬生敦頼。嫡男で跡継ぎの異母兄・雅宗とは人目を忍ぶ恋人同士だ。幽閉生活という父の仕打ちに耐えられるのも、愛する雅宗がいるから…。しかし、異能を聞きつけた帝に召し出された敦頼は、力を試された上、伽を命じられてしまう。これも己の運命と、雅宗のため敦頼は決死の覚悟で帝に身を委ねるが…。絢爛たる殿上人たちの世界で密かに育まれる、愛の平安夢幻譚!
◇◇◇◇◇

この作品の発売予定を見た時にどこかで見たシリーズっぽいなと思ったら、直接のシリーズではないけどアズノベルズで何冊か出てた平安異能モノのシリーズに入るべき作品かな?牧山ともさんのアズノベルズの作品がシャレード文庫に移ってるからこれもなのかな?




>>ネタバレ続き★


壬生家嫡男(23歳)・雅宗×壬生家当主側室の子・敦頼(20歳)、というカップリング。


牧山ともさんの作品では私は美メンズパーティーシリーズが好きなんだよね。この平安異能シリーズは普通かな。

[受]敦頼は母親の家系の力が出て異能を持っているのは隠しているが、容姿も日本人っぽくないために父親である壬生敏雅から他家に足を引っ張られないように幽閉されている。それを偶然知った嫡男である義兄[攻]雅宗と密かに交流するうちに仄かな恋が芽生え、義兄[攻]雅宗も同じく[受]敦頼に想いを寄せてくれて結ばれ恋人に。

父親である壬生敏雅がえげつないぐらいに権力欲が強くて、ライバルである四宮家に張り合ってて当主の息子が帝の愛娘に手を出そうとして身を滅ぼしたあとは、帝が陰陽道にハマってることで気を引きたくて不思議な力があるらしいと使用人から小耳に挟んだことで幽閉していた[受]敦頼を帝に伽にもと差し出す!いざ何かに使えるかもと雅なことは自分の弟に教育させてて、[受]敦頼にとっては叔父が父親みたいな。実父がろくでもないよ!

帝は皇后や側室が何人もいて男にも手を出す人。あらすじを読んでコミコミ特典イラストカードを見て3Pか~と思ったんだけど、ヤることはやってるけど帝と[受]敦頼は心は通わせてないし、帝も大臣から差し出された息子を味見しただけっぽいし、微妙な3Pかな。帝は[受]敦頼を抱くけど[攻]雅宗は[受]敦頼の気持ちを楽にすべく密かに触れて励ましたりしてる感じ。二人が秘密の恋人と知らないで、準備なしに[受]敦頼に挿入しようとしてキツくて処女だと思ってる帝がちょっと憐れなような。帝が義兄弟がまぐわうのが見たいと言われて[攻]雅宗が脱がないまま挿入はするんだが、帝は欲望に忠実だね~。帝、フェラは[受]敦頼にはさせるけど[攻]タイプの[攻]雅宗にされるのはイヤなのかしら。[攻]雅宗が申し出たらお断りしたよ!
帝×敦頼、雅宗×敦頼の3Pシーンは雅な言葉の羅列だけど面白かったな~。あくまでも[攻]雅宗は補助みたいな。

平安時代で帝の不興を買うわけにいかないので恋人を帝に抱かれても[攻]雅宗は我慢せねばならない。[受]敦頼もさぞや辛かろうと思ったら……異能で帝の未来を視てたー!肌に触れたらたくさん情報を得るチャンスだと思ってたんですよ![攻]雅宗の目指す政のために役に立ちたいから。ケナゲでした。
そう、理由があるんですよ。[受]敦頼には寿命が分かっていて20歳で死ぬから命が尽きるまでに愛しい[攻]雅宗のために異能を使っていた、と。亡き母親がそれを視ていて[受]敦頼と父親である壬生敏雅が同じ日に死亡予定なのに理由があって、[受]敦頼が生きることを望んだから二人の生存年数がチェンジしたみたいで、父親が亡くなって、帝も亡くなって、[攻]雅宗と叔父が目指す政が行えるようになって、幽閉されていたお蔭で世間は[受]敦頼のことを知らないので[攻]雅宗の北の方(正妻)になれてめでたしめでたし![受]敦頼が壬生家当主として結婚してと勧めても断ったよ。平安時代の嫡男としてはどうなのと思ったが安心した!弟の子供に継がせるのは後継者[攻]あるあるパターンだよね。


ペーパーは、その後のちょっとした話。[攻]雅宗が当主となって北の方を迎えたので実家は弟たちと亡き父親の妻子たちに遺して別に屋敷をつくる。そこでの[受]敦頼の暮らし。


end.

秘密