2016-09-30 21:01 | カテゴリ:BL小説・作家ナ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆成瀬かの&花小蒔朔衣
『狡い男・下』コミコミ特典ペーパー付き(2016年9月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
なりゆきで全く好みでない獣のような男・満木と付き合っている日下。無理やり同棲に持ち込まれたのみならず、ある日帰宅すると自宅は空っぽ、知らないうちに新しい愛の巣(?)への引っ越しが完了していた。そんなこんなで自分の気持ちを認められない日下だったが、満木に気のある大学生や、日下に恋する同僚が家に押しかけてきて……!?
◇◇◇◇◇

成瀬かのさんの新刊が上下巻を連続刊行。
上巻がイライラしたので下巻でそれが解決するのか気になって仕方なかった。



>>ネタバレ続き★


会社員・満木×会社員・日下、というカップリング。

そういえばこの人たちの下の名前はなんなんだ?二人とも姓で呼んでるよね。そして年齢はいくつなんだ?満木が義兄だから年上なのは分かる。あとがきの後のSSで[受]日下の30歳の誕生日を祝ってて出会って何年も経ってるらしい。本編は[受]日下は20代後半で[攻]満木はそのちょっと上なのかな。


上巻で[攻]満木の無神経さと[受]日下の流されっぷりと諦めの態度にイライラしたんだけど、下巻でも相変わらずだった(笑)。
[受]日下は母親が自分を置いて出て行き、自分は愛する人から棄てられたと認識し父親からは母親への恨みを植え付けられ愛を知らないで育ってるから、[攻]満木は母親を連れ去った男にソックリなのもあって絶対に上手くいかないと思うんだけど、[受]日下は[攻]満木を信じきれないまま[攻]満木と一緒にいることを選んでるからその気持ちが途切れない限りは一緒にいるんだろな。

下巻は[攻]満木が更に無神経ぶりを発揮していた。[受]日下の実母とその異父弟たちとの対面、[攻]満木抜きで。自宅に呼んで一緒に過ごさせる、しかも[攻]満木の元カレも参加。こいつは勝手にやってきたのだけど、家族は今の恋人が[受]日下と知らないから[受]日下にとっては針のムシロ。元カレ・有希は[攻]満木に未練たっぷり、その後異父弟拓と交際らしいけどその神経が分からん。
針のムシロに耐えきれずコッソリ帰宅したら、自宅に戻って[受]日下がいなくて慌てて[受]日下宅に追いかけてきて押し問答の末にエッチに雪崩れ込んだ所に母親や異父弟たちが追いかけてきて情事を目撃し恋人カミングアウトに至る……。なんなんだ……。
アパートにはいられなくなってそこからマンションに無理矢理同棲生活スタートとなるが、近所への挨拶で大学生が[攻]満木に一目惚れしたみたいで兄弟だと言ってるから大学生木葉のアプローチが始まる。[受]日下が会社から帰宅すると家に大学生木葉がいて料理してるとか、ほんと、[攻]満木は無神経だよな。[受]日下はイライラしてるけど恋人関係を否定してるからその文句も言えず飲み込む。この二人、絶対いつか別れると思うんだけど!
[受]日下の同僚の珠洲さんが遊びに来たいと言って仕方なしに呼ぶのだけど[攻]満木は反対。珠洲さんは[受]日下は野津と付き合ってると思って確かめたかったみたいだが結局、同居人の[攻]満木が恋人と分かり、近所の大学生木葉がアプローチしてるの[攻]満木が放置してることや[受]日下が流されるように事務の仕事してることもバカにしてることや[受]日下の気持ちを思いやらず全く大事にしないことに腹が立って自分と結婚しようって爆発するシーンはスカッとしたわ。もう珠洲さんと結婚した方が絶対に幸せになれると思うんだけどな。

こんなことがあったのになんかさらーっと恋人関係を築いてて、その後の短編は家族で海に行ってて、母親の実家、祖父に会いに行ってるよ。[受]日下は父親によって母親の縁のある人とは断絶してたもんな。

さらにその後の短編では異父弟の高校生の秀が同棲してる部屋に泊まりにきたり。一番上の異父弟拓は[攻]満木に似ててそして元カレ有希に恋してるから[受]日下を嫌ってる。異父弟秀は[受]日下の性格や性分を理解してくれる優しい子なんだな。
[受]日下からしたら母親に捨てられて余所で築いててる家族だけど少しずつ受け入れようとしてるのかな。
[受]日下にばかり受け入れさせようと[攻]満木がするのが私には納得いかないけどね。

あとがきのうしろのSSは[受]日下の30歳の誕生日をみんなが祝ってくれてるみたい。上巻で野津を好きで強引で[受]日下に嫌がらせや暴力を振るった熾北が野津に連れられて詫びに来たけど(何年かかってんの?)、野津がよく分からん!野津ってば自分に性的に欲望を持ってる男が嫌いなのに熾北に貢がせるだけ貢がせるのは小悪魔だから?それにしては酷くないか?主人公二人にイライラしたが、上巻と同じく野津もよく分からんわ。


コミコミ特典ペーパーは、恋人になってだいぶ落ち着いたのかな、雨の日は昔の嫌なことを思い出すらしく辛くなってるときに[攻]満木にくっついて少し安心するみたいな。なんかもやっとする。


散々納得いかないとかこの作品にブチ切れてるけど、私は成瀬かのさん作品好きなんだよ?好みと好みじゃないのがあるだけで。
一応好きなのは言っておかないと後味悪いよね。
クロスN「僕の悪魔」シリーズ、ショコラ文庫「獣の理」シリーズ。他にもあるよ。


end.


秘密