2017-02-05 02:17 | カテゴリ:BL小説・作家ア行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルビー文庫
◆秋山みち花&六芦かえで
『妖狐に嫁入り~平安あやかし奇譚~』コミコミ特典SSペーパー付き(2017年2月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
昔、真っ白な怪我の子狐を助けた。ふわふわで温かで真摯な青い瞳の――。詞音は天才陰陽師だった兄の跡を継ぎ、天文道の長となった。力を持たぬ出来損ない、周囲の陰口に耐え研鑽を積む毎日。そんな時、凛とした気品を纏う美丈夫・有恒が、部下として詞音を支えるように。更に霊力を持つ彼は、力を移すために詞音の唇を奪う!それは心も震える甘さと強さで。危険な調伏の最中、有恒を護ろうとした詞音が化け物に引き裂かれそうになった時、眩く神々しい純白の妖狐が現れて!?
◇◇◇◇◇

あらすじで気になると購入してる秋山みち花さんの、陰陽師でもふもふらしいから迷うことなく予約購入したよ。



>>ネタバレ続き★


部下・藤原有恒(?歳)×天文博士・土御門詩音(18歳)、というカップリング。


読んだ感想は、ぶっちゃけ、鶴の恩返しならぬ子狐の恩返し!ってとこかな。
あらすじにあるように陰陽寮天文博士の父親を亡くし、後を継いだ4歳年上の兄・清良(きよら)も帝の三番目の皇子に同行してる際に行方不明になったので力を持っていないのに後を継いで天文博士になった[受]詩音。みんなから冷ややかにされてる所を[攻]有恒から仕事を助けられて、[攻]有恒が半分妖狐であることを知っても黙っていて協力して貰い気持ちの行き違いの末に敵を倒したりして両想いになって昔助けた子狐であることも分かって恋人になるという話。恋人というか伴侶だから「狐に嫁入り」か。恩返しのために[受]詩音の部下になってるけど本当の身分は皇族の一人のようだ。

子狐の恩返しだけどさ、可愛い可愛いもふもふな子狐から、めっちゃ成長して雄の狐に妖狐さまになって可愛らしさゼロなんじゃねーの(笑)。もふもふなのは変わらないけどさ。

行方不明の兄は記憶喪失だったらしく、[攻]有恒が妖狐の力で行方を探して[受]詩音の元に手紙を寄越してラストで次回に繋げるような展開をみせてた。あとがきに「平安あやかし奇譚」が続くとあるから、たぶんこの兄が助けられて現地で[受]になってたんだろなーと予想した。……って天文博士を輩出する土御門家は終わりじゃん(笑)。


コミコミ特典SSペーパーは、エチ事後一緒に寝てて明け方に目を覚ました寒いと[受]詩音が言ったら[攻]有恒が妖狐姿に変身してもふもふで暖めてくれた話。



end.


秘密