2017-03-09 15:09 | カテゴリ:BL小説・作家ハ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ガッシュ文庫
◆妃川螢&小禄
『金獅子の王と漆黒の騎士~婚礼の儀~』コミコミ特典カード付き(2017年2月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★☆☆
エロ度/★★★☆☆
挿絵好み度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
新王づき近衛騎士を務めるシオンは黒曜石の瞳に絹のような黒髪の持ち主。この国では黒は下賎の色とされるが、聡明で勇猛果敢な新王・ユリウスはシオンを美しいと称してくれる。王宮に渦巻く陰謀を打破し晴れて恋人同士となった2人。しかしシオンには悩みがあった。自分は黒髪の騎士であって金髪でも女性でもない。ユリウスはいずれ跡継ぎを儲けねばならず、そのために妃をと考えるシオンだったが、秘密裏にユリウスの計画が動いていて――!?
◇◇◇◇◇

昨年出た本の続編。まさか続編が出るとは思わなかったな~。妃川螢さんは割とスピンオフとかある作家さんだけど。



>>ネタバレ続き★


ラクソル王国新王・ユリウス×近衛騎士・シオン、というカップリング。


前巻で幼い頃から愛する黒髪黒瞳の[受]シオンを手に入れるために体の弱い兄セーレを差し置いて弟である自分が国王になった[攻]ユリウス。もちろん兄弟仲良しで兄セーレもちゃんと納得済みで揉めたりはしてないし、兄弟でもトップに就くのが向いてる性格と参謀に向いてる性格があるよね。
1巻でめでたしめでたしだと思ってたら、2巻では友好国のヴィントランド王国が陰謀絡みのトラブルが発生して親友の国王シグムンドの異母弟妹を預かることになって異母妹と[攻]ユリウスがお似合いじゃーんと[受]シオンが思っちゃって自分はあくまでも近衛騎士なのでって考えと国王[攻]ユリウスはお前が伴侶なんだよーと体のカンケイあっても二人の認識が一致してない~からの結婚式を挙げました!エンドでした。(なんつーまとめ方!)

[受]シオンはこの国では下賤とされる黒髪黒瞳で家族からも人びとからも忌避されてたので自分が[攻]ユリウスに愛されてるとは信じきれてないのよね。いつか王妃を迎えるまでのカンケイと。こういう恋人を相手にするには[攻]ユリウスぐらい強引に騙し討ちのように結婚式に持ち込むしかないわな~。(ヴィントランド王国のシグムンド王がお礼を兼ねて異母弟妹を迎えに来たことで一気に結婚式に持ち込んだ)

1巻ラストで[攻]ユリウスから貰った赤ちゃんの黒豹ノアールが二人の子供みたいだったよね。可愛かった~。


この作品、主人公カップルの婚礼以外にも気になることが仕込まれてんだけど!妃川螢さんの作品パターンかなと。要望あればスピンオフが出るよね?
[攻]ユリウスの兄のセーレ殿下には亡き妃との子供、王子と姫がいてこの子達のどちらかが国王[攻]ユリウスの後継者になることが決まってる。セーレ殿下の護衛騎士は元々は[受]シオンだったけど[攻]ユリウスが国王になれば近衛騎士を自由に選べるから[受]シオンを欲しくて国王になったわけで、その[受]シオンのあとに派遣された護衛騎士のレギン卿と過去に何かあったんじゃねーの?と思った。第一王子だから身を引いたとかさー。[受]シオンの代わりに強引に[攻]ユリウスが呼び寄せたみたいだから今度こそ一緒にいられるんじゃなかろうかと想像した!なんつーか、セーレ殿下は策士[受]っぽいよね。
あと、今回の事件が起きたヴィントランド王国のシグムンド王がスピンオフ要員な気がする。異母弟妹が正妃の子供でシグムンド王が側室腹の長男で国王になったっぽいから後継者は正妃腹の異母弟かなと。きっとシグムンド王には恋人[受]がいるに違いないと想像した!


時々BL小説挿絵で見掛ける小禄さん、綺麗なイラストとは思ってたけど今まで特に気にならなくすんなり読んでた(見てた)けど、[攻]の肉体をマッチョに描く人なんだね!なかなかイイ!これから他のBL小説でも起用されて欲しいな。


end.

秘密