2017-03-13 07:56 | カテゴリ:BL小説・作家サ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆ルチル文庫
◆椎崎夕&高星麻子
『仮初の恋人』コミコミ特典イラストカード付き(2017年2月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★★★☆
エロ度/★★☆☆☆
挿絵好み度/★★★★☆

◇(あらすじ転載)◇
看護師の東通孝(あずまみちたか)は、十年来の親友・斉藤のためにアトリエを提供していた。賞をとった斉藤が開いた個展をきっかけに、援助を申し出た仁科との食事会に同行した通孝は、彼が受賞作に見入っていた男だと気付く。仁科は通孝が高校生のころ自覚した斉藤への恋慕を見抜いていた。その口止めとして恋人にならないかと言われ付き合い始めた通孝だったが!?
◇◇◇◇◇

椎崎夕さんの作品は好きなのと苦手なのがあるんだよね。私はルチル文庫で高星麻子さんが絵師だとイケる場合が多い。SHYノベルスは苦手な場合が多い。
この新刊は絵師が高星麻子さんだし、あらすじも絶対好みっぽいなと思った!



>>ネタバレ続き★


実業家・仁科(30代半ば?)×看護師・東通孝(20代後半)、というカップリング。


[受]通孝が親友の斉藤に片想いしてるのを見抜いた[攻]仁科から「口止め」で恋人になることを迫られた割には[攻]仁科は紳士でした!脅して恋人にしたならぐちょぐちょにヤるよね?なーんて下世話な想像したのにさ(笑)。美味しいごはん食べに連れて行ったり買い物したり、親友斉藤に恋人が出来て[受]通孝がショックを受けて雨の中にいたのを自宅に連れ帰って慰めたり。これがキッカケで二人は恋人っぽくなるけど体の関係はないって[攻]仁科の自制心すげーな!
ただ、[攻]仁科は二股掛けたりしないけど恋人には熱くならないスタンスで相手が我慢できなくなって去っても追わないパターンを繰り返していて、親友に片想いする[受]通孝に興味を持ったから声を掛けただけのようで[受]通孝と接するうちに本気で惚れたのなら読者にもう少し分かりやすく描写が欲しかったな。親友斉藤に全てがバレたことで関係終了して離れた[受]通孝を捕まえたのは熱量を感じられたけどさ。

[受]通孝は両親が不仲で離婚を前提にしていて愛情のなく生きてきて、高校時代から親友斉藤やその家族に気持ち的に助けられていたので画家を目指していた斉藤の力になればとアトリエの家賃を払ってたのはさすがにやりすぎちゃうかと思うんだけど。自分の部屋の家賃とアトリエの家賃って看護師をしてバイトもして支払ってんだよ?養わなければいけない母弟妹のいる親友斉藤が恐縮してたから先行投資と言ってるけどさー。
そんな親友斉藤が賞をとった絵のモデルが[受]通孝だと見抜いた[攻]仁科ってすごいね。親友斉藤も幼い頃に大学生の男に未遂だけど襲われたことがトラウマでゲイを嫌悪してるけどそれがなければ[受]通孝のことを好きになってたんだろな。
[受]通孝に想われて尽くされているのに気付かない鈍感な親友斉藤にイラッとしたな。

親友斉藤の彼女になった女性が天然ちゃんのフリした猛禽類に思えて仕方ないんですけどー![受]通孝のことを邪魔と思ってて、狙って親友斉藤に近付いてるような気がして仕方なかったわ。



end.


秘密