2017-03-13 18:48 | カテゴリ:BL小説・作家ナ行~
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ボーイズラブ
★BLです!
★ネタバレ含む!

◆クロスN
◆成瀬かの&コウキ。
『オオカミさん一家と家族始めました』ペーパー+コミコミ特典小冊子付き(2017年3月発売)

ー私の評価ー
好み度/★★☆☆☆
エロ度/★★★☆☆
挿絵好み度/★★★☆☆

◇(あらすじ転載)◇
ほとんどの人が動物に見えてしまう深瀬は、瓶底眼鏡で人を遠ざけて日々をしのいでいた。出逢ったときから「人」に見えたのは特許事務所の同僚弁理士で、スパダリと名高い柚子崎だけ。ある事情からクビになり深酒をした翌朝、深瀬が目覚めたのは柚子崎の腕の中。しかも独身貴族だと思っていた彼の家には子犬の姿をした八人もの弟がいて、料理をふるまった深瀬は懐かれてしまう。紆余曲折の末、同居まですることになり――!?
◇◇◇◇◇

成瀬かのさんの作品は好みと好みでないのがあるのだけど、あらすじが気になりイラストが可愛いので買ってみた。




>>ネタバレ続き★


特許事務所弁理士・柚子崎孝英(ゆずさきたかひで)×特許事務所事務職員・深瀬青(ふかせせい)、というカップリング。


同僚なんだけど、[受]深瀬が[攻]柚子崎を「さん」付けで呼んでるから少し年上なんだろうか。それとも[攻]柚子崎は弁理士の資格があるので「さん」付けなのかな。どっちでもいいんだけど、[受]深瀬は人間が動物に見えてしまうため出来るだけ人に関わらないで仕事していけるように翻訳など技術を身に付けていて特許事務所の外国部門に勤務してる。そこで偉い人と交際関係にあったんだけどいきなり解雇されたので事務所で二人のカンケイをぶちまけて揉めて殴られて倒れた所を[攻]柚子崎に介抱されてその後飲みに行って酔っ払って体のカンケイを持ってしまってアチャーってところで自宅が荒らされていたので身の安全をはかるために[攻]柚子崎宅に居候させてもらうことに。そこから[攻]柚子崎の異母弟たちの世話をして仲良くなり[攻]柚子崎を好きになって……と。

なんかね、[受]深瀬のキャラがブレてるような気がした。ゲイなんだけど真面目で、人間に見える人としかカンケイを持てないからそれなりに貞操観念の固いキャラだと思ってたのに、[攻]柚子崎が居候させてくれるお礼として抱いてくれとかビッチすぎだろ。体のカンケイを持つことになんの躊躇いもないという。うーん。

[攻]柚子崎の異母弟たちって犬モフモフなのかと思ったら人間でした。すべては[受]深瀬が人間が動物に見えてしまうためなんだよなー。幼い頃に借金のある両親に祖父母宅に預けられて愛情を持たれなかった、[受]深瀬が心を閉じてしまって心を開いた相手、好感を持った相手だけ人間に見える状態になったとか。なんかモヤモヤするわ。偉い人と交際してた間は人間に見えててトラブってからは動物に見えてしまったとか。[攻]柚子崎もずっと人間に見えてて嫉妬されて信用してくれなくなってからはオオカミに見えるようになって獣姦とかなんか展開にびっくらこいたな~。
[攻]柚子崎には初恋の相手がいてそれが[受]深瀬だったけどお互いギリギリまで気付かないとか話を盛ってるけどいろいろとっ散らかってる気がするんだよな~。
人間に見えるかどうかは[受]深瀬が世間に心を開いたかどうか次第ってこと?なんかよく分からぬ作品であった。もう大家族で仲良くしてくれたまえ。

そういえば、[攻]柚子崎の父親ってなんだかなぁな人だね。[攻]柚子崎の母親と結婚しててあとの子供たちは女性迫られてカンケイを持って次々と。長男がみんなの面倒みてるって父親は無責任だなぁ。ラストでまた子供増えたし。


ペーパーは、[攻]柚子崎視点で助けた時は瓶底眼鏡のダサいヤツと思ってたけど眼鏡を外したら美形になってて初恋の相手に似てるから据え膳を食っちまったという話。

コミコミ特典小冊子は、[受]深瀬が家計費を分担したいのになんやかんやで[攻]柚子崎が受け取ってくれない(そんなに給料ええの?)から家族と認めてくれるなら受け取って欲しいと訴えて家計費や家族旅行の費用を受け取って貰えて、家族旅行にイチゴ狩りしに行ったりする話。
本編では[受]深瀬は偉い人と別れるすったもんだで解雇をされたけど、実は[受]深瀬は仕事の出来る男で勤務先からカムバック依頼されて戻ったとか。良かったね。



end.

秘密